街角散歩

« 諏訪湖の夕焼け | メイン | 古都の醍醐味 »

2006年4月 2日

日本有数の花見会場

日本有数の花見会場

都内では桜が満開の今日、僕のことなので勇んで写真撮影に出かけてそうですが、ベタに花見をしていました。しかも昼と夜で別々の花見をハシゴしました。

花見昼の部は東急東横線学芸大学駅にほど近い碑文谷公園。池の周りの桜は見事に満開!メンバーは大学の同じ学部だった人たち+その友だち。合計13 人もの大所帯になっていたのですが、幸い公園はそんなに混み合ってなく、ちゃんと場所をとることができました。幹事の女の子が作ってきてくれた料理と参加者が持参する一人一品の品物をみんなでつつきつつ、小春日和の陽気の中、桜の真下ですごく気持ちのよい時間を過ごすことができました。

夜の部は18:00から浅草の隅田公園で行われました。こちらのメンバーは会社の同期の面々。隅田公園はけっこう混み合っていたのですが、不思議とすんなり場所が決まり、これまた幹事の方が用意してくれていた料理と、僕が持参した昼の花見の残り物を広げ、みんなでつつきながら夜桜を楽しみます。即席で決めた席の割には大きく広がる桜の枝の真下という、絶好の花見ポジションをゲットすることができ、すごく運がよかったです。

夜の部を終えたのは21:30ごろ。さすがに花見2連チャンはけっこうこたえました。なにせずーっと飲み続けですからね。けっこうヘロヘロでした。すぐにでも帰りたいところだったのですが、ここで一つ大切なことを思い出したのです。今日はまだまっとうな写真をほとんど撮れていないのです。天気予報では明日は雨。ということはおそらく満開の桜を撮影できる機会は今日がラストチャンスという可能性もあるのです。そこで、少なくとも花見的雰囲気の写真を一枚でも撮っておきたいと思い、上野公園を訪れてみました。

今日はどちらの花見も混雑に巻き込まれることなく、思ったよりゆったり過ごすことができたのですが、上野公園はやはり違いました。今日の写真はそのときの様子を撮影したものですが、恐ろしいほどの人がうごめいているのですよ。しかもこの写真を撮影したのは22:00ですよ。まだまだみんな花見真っ盛りという感じでした。写真は強引に明るく写していますが、実際のその場は真っ暗なのです。見た感じ、どんな料理が並んでいるのかすら見えないような感じでした。しかしみんな激しく盛り上がってるんですよね。さすが日本有数の花見会場。恐るべしです。

アップロード日時 : 2006年4月 2日 01:28    撮影場所 : [ 台東区 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 上野公園
撮影日時 2006年4月 1日 22:09
カメラ情報
カメラ Canon EOS 20D
フォーマットサイズ APS-C
ISO感度 100
露出プログラム 絞り優先AE
露出補正 +1/3EV
露出時間 15秒
レンズ情報
レンズ EF24-70mm F2.8L USM
焦点距離 24mm
絞り f/5.0

関連写真

極寒の夜桜 ビル谷間の夜桜 坂道の夜桜 散りゆく季節の桜吹雪 花の寿命 幻想的な夜桜 目黒川の夜桜 丘の上の夕焼け

コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0