街角散歩

« 定番の安定感 | メイン | 水たまりの世界 »

2006年7月26日

淡い色彩

淡い色彩

昨日の日記で「しばらく夏っぽい写真をアップ」なんて言っていましたが、ふと季節的にそろそろギリギリな写真があることに気づいたので、急遽方向転換。ということで今日の写真は「ハス」です。ちょっと前に京都を訪れたときにハスの花のつぼみの写真をアップしましたが、あのときとは違う種類のハスです。ハスと言えば初夏の花。季節的には今ぐらいがもはやギリギリです。8月に入ってしまうとおそらく全て枯れてしまうと思われるので、まだ旬なうちにアップしちゃいます。

前回のハスは嵐山の天龍寺で撮影したもので、仏教系の絵画によく登場する巨大なタイプのものでしたが、こちらは祇園の知恩院で撮影したもの。これはこれで有名な種類ではありますが、どちらかというと小振りなタイプで、かわいらしいイメージがより強く感じられます。とは言ってもハスはハス。整然と並んだ花びら、黄金色に輝くめしべの姿、端正なたたずまい、あらゆる要素に東洋的な美しさがにじみ出ています。初夏の花と言えばアジサイやバラのような色鮮やかなものに目が向きがちですが、ハスのように淡い色合いの花は強く主張するところはないですが、どこか心の奥底に静かに語りかけてくるような、そんな印象を抱いてしまいます。

アップロード日時 : 2006年7月26日 01:57    撮影場所 : [ 京都 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 知恩院
撮影日時 2006年7月16日 10:28
カメラ情報
カメラ Canon EOS 20D
フォーマットサイズ APS-C
ISO感度 100
露出プログラム 絞り優先AE
露出補正 -1/3EV
露出時間 1/640秒
レンズ情報
レンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
焦点距離 310mm
絞り f/5.6

関連写真

純白の花びら 水辺の彩り 湖面の煌めき 冬場の柿 寒中の暖色 葉間の彩り 水面の雲間 花の寿命

コメント

天龍寺まで来たの?
そのへんまでなら行ったのにー。

投稿者 ぺろたん : 2006年7月26日 22:45


そういえば嵐山に住んでたんだよね。せっかくだから連絡すればよかった。今度訪れるときは声かけるね。

投稿者 コーヒー : 2006年7月27日 01:05


コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0