街角散歩

« やわらかな光 | メイン | 紺色の夜空 »

2006年8月 9日

開放的な空間

開放的な空間

いま住んでいるところのすぐ横には神田川が流れています。夏は涼しげに、冬はゆるやかに流れるその姿は季節の移り変わりを見てとることができるので、川沿いというロケーションをかなり楽しんでいます。ところが、川と言えば河川敷。ときに広大な河川敷でのんびり過ごしたくなることもあります。当然のことながら神田川に河川敷なんてものは存在しません。だからかもしれませんが、広い河川敷が広がっている場所に行くと、すごく心安らぎます。

今日の写真は江戸川の河川敷です。一面に広がる芝生、ポツンと立っている樹木。見ているだけで開放的な気分になってしまいます。特に広い芝生を見ると、ついつい「大」の字になって寝ころびたくなります。そしてそのときの草のにおい、眼前に広がる空の青さは、きっとものすごく気持ちいいのだろうと想像できます。この日はでかい荷物を持って歩き続けていたこともあってけっこう疲れていたので、芝生で寝ころぶという発想が浮かんできませんでした。次回、こういう場所を訪れたら、そのときこそ「大」の字で寝ころんでみたいものです。

アップロード日時 : 2006年8月 9日 01:54    撮影場所 : [ 葛飾区 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 柴又公園
撮影日時 2006年8月 6日 16:35
カメラ情報
カメラ Canon EOS 20D
フォーマットサイズ APS-C
ISO感度 400
露出プログラム 絞り優先AE
露出補正 -1/3EV
露出時間 1/4000秒
レンズ情報
レンズ EF70-200mm F2.8L IS USM
焦点距離 200mm
絞り f/3.5

関連写真

初秋午後の河原 小川の少年 闇夜の幽玄空間 外濠沿いの春 通勤路線の旅情感 午後の踏切 川沿いのサクラ 夕暮れどきのホーム

コメント

子供の頃は汚れることも気にせず大の字になって寝ころべたけど。。。
今はもうなかなかそんな機会もないね。
何も考えずに空を見上げて、流れる雲をみていたい >何かの歌詞にあったかな?

投稿者 ぺろたん : 2006年8月12日 04:24


そういえば何かの歌詞っぽいね(笑)
今はもう服が汚れるだとか、他の人たちの目線が気になるだとか、いろんなこと考えて思いっきり寝っころがることに抵抗あるんだけど、ときにはそんなこと気にせずのんびりしてみたいものだね。

投稿者 コーヒー : 2006年8月12日 17:10


コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0