街角散歩

« 陽光煌めく河原 | メイン | 店頭の異国 »

2007年5月25日

道路沿いの遺物

道路沿いの遺物

先日、新橋の街角を歩いていたときのこと。第一京浜の道路沿いに、ふと目にとまる古びたものが一つ。何かと思ってよくよく見てみたら、それは灰皿だったのです。灰皿といってもちゃんとしたものではなく、古びた鍋を針金でガードレールにぶら下げただけのもの。誰がこんなものをここに設置したのかサッパリ想像つきません。何気ない日常の中にふとした非日常を見つけたような、そんな気にさせてくれる鍋でした。

アップロード日時 : 2007年5月25日 00:42    撮影場所 : [ 港区 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 新橋五丁目交差点周辺
撮影日時 2007年5月19日 16:26
カメラ情報
カメラ Canon EOS 20D
フォーマットサイズ
ISO感度 100
露出プログラム 絞り優先AE
露出補正 -1/3EV
露出時間 1/160秒
レンズ情報
レンズ EF24-70mm F2.8L USM
焦点距離 35mm
絞り f/2.8

関連写真

通路の多重光線 夕焼け空の反射 幹線の光跡 瑞々しい手水鉢 飛行機の窓外 観賞用の樹木 ショップ店頭 孤高の木像

コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0