街角散歩

« 去りゆく日への郷愁 | メイン | 数分前の奇跡 »

2007年6月15日

目にとまる装飾

目にとまる装飾

ちょっと前、表参道を歩いていたときのこと。このあたりの風景は見慣れたものなので、特に周囲の風景に気を配ることなくブラブラと歩いていたのですが、ふと目をひく照明がドドーンと目に飛び込んできました。見上げるとそこはルイヴィトンのショウウィンドウ。

よくよく考えてみると、ここはかつて写真を撮ったことがある場所。しかし装飾が全く変わっていたため、一瞬ここが同じ場所だとは気づかなかったのです。ブランドショップはイメージが命。季節や世の中のイベントに合わせて店内の装飾もガラリと変えてしまうもの。そもそもショップのショウウィンドウというのは一流のデザイナーがものすごく手間と時間をかけて装飾を施すもの。人目につくのも当然と言えば当然のことかもしれません。かく言う僕も思いっきり目を奪われて、あまつさえ写真まで撮ってしまった始末。しかし、だからこそブランドショップというのは常に人目に付き続け、客を引き寄せることができのではないかと、なんとなく見た目の印象だけですけれど、感じることができたような気がしました。

アップロード日時 : 2007年6月15日 01:15    撮影場所 : [ 渋谷区 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 表参道ヒルズの目の前 ルイ・ヴィトン表参道店のショーウィンドー
撮影日時 2007年5月19日 20:22
カメラ情報
カメラ Canon EOS 20D
フォーマットサイズ APS-C
ISO感度 400
露出プログラム 絞り優先AE
露出補正 -1/3EV
露出時間 1/1600秒
レンズ情報
レンズ EF24-70mm F2.8L USM
焦点距離 70mm
絞り f/2.8

関連写真

通路の多重光線 夕焼け空の反射 幹線の光跡 瑞々しい手水鉢 飛行機の窓外 観賞用の樹木 ショップ店頭 孤高の木像

コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0