街角散歩

« 裏通りの郷愁 | メイン | 夕闇の光点 »

2007年8月20日

昔なじみの事物

昔なじみの事物

月曜日。新たな一週間が始まる日・・・なのですが!この一週間、僕は休みをとって旅に出ます。旅先は北部九州。いろんなところをまわるのですが、明日訪れるのは僕の実家がある北九州市です。実家に帰るのは今年の正月以来。とは言っても大学入学と同時に地元を離れてはや14年目。もはやいつ訪れても懐かしく感じる場所だったりします。

今日の写真は実家の近くにある階段を撮影したものです。ここは中学生時代の通学路にあたる場所。この手すりの存在も懐かしく、この上に座ったり、下をくぐってみたりと、かなりさわりまくった記憶があります。この手すりは言ってみれば一例でしかなく、そもそも実家にあるものなんて何を見ても何に触れても懐かしいもの。目につくものには全て何かしらの思い出があるものです。久しぶりの帰省ということで、ゆっくり地元の郷愁に浸ってこようと思っています。

アップロード日時 : 2007年8月20日 02:01    撮影場所 : [ 福岡 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 北九州市若松区宮丸2丁目周辺
撮影日時 2007年1月 1日 14:36
カメラ情報
カメラ Canon EOS 20D
フォーマットサイズ APS-C
ISO感度 100
露出プログラム 絞り優先AE
露出補正 -1/3EV
露出時間 1/640秒
レンズ情報
レンズ EF24-70mm F2.8L USM
焦点距離 42mm
絞り f/2.8

関連写真

巨大な螺旋階段 雨上がりの石段 初秋の緑葉 坂道の階段 鉄扉への影模様 遠方の灯窓 喧噪の枠外 歳月の形跡

コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0