街角散歩

« 花弁の雨粒 | メイン | 港町の眺望 »

2007年10月 1日

近世の遺構

近世の遺構

長崎を訪れたときに見つけたもの。平和公園の中に「旧長崎刑務所浦上支所」の建物跡が残されていました。見ると地面に壁の跡がまるで遺跡のような感じで残っていたのですが、仮にも昭和の始めのころまで現存していた建物であるにも関わらず、まるで平安時代の遺跡のような跡形もなさでした。聞くと、この場所が爆心地に最も近かった公共施設だったとのこと。その威力たるや想像するに余りある、そんな感じがしました。

アップロード日時 : 2007年10月 1日 00:51    撮影場所 : [ 長崎 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 長崎市 平和公園
撮影日時 2007年8月22日 15:17
カメラ情報
カメラ Canon EOS 20D
フォーマットサイズ APS-C
ISO感度 100
露出プログラム 絞り優先AE
露出補正 -1/3EV
露出時間 1/1600秒
レンズ情報
レンズ EF24-70mm F2.8L USM
焦点距離 70mm
絞り f/3.5

関連写真

すり鉢状の芝生 光と影の造形 真夏日の彫像 真夏の大空 最後の大閃光 光と音の芸術 空の気配 幻想的なひととき

コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0