街角散歩

« 奥行き三層構造 | メイン | 淡く輝く花々 »

2008年1月 9日

降りかけの帳

降りかけの帳

世田谷の三軒茶屋を歩いていたときのこと。キャロットタワーの屋外階段を降りているときにふと顔を上げると、そこに見えたのはビル屋上のネットと夕闇の空。太陽が西の空に沈んでからだいぶ経っていたため、空にほんの少しだけ残った光が、上空の夜の帳に押しつぶされそうになっていました。

アップロード日時 : 2008年1月 9日 01:05    撮影場所 : [ 世田谷区 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 三軒茶屋 キャロットタワー 外階段の踊り場
撮影日時 2008年1月 5日 17:14
カメラ情報
カメラ Canon EOS 20D
フォーマットサイズ APS-C
ISO感度 400
露出プログラム 絞り優先AE
露出補正 -2/3EV
露出時間 1/13秒
レンズ情報
レンズ EF24-70mm F2.8L USM
焦点距離 70mm
絞り f/3.2

関連写真

夕焼け空の反射 夕闇の信号 夕暮れ空の煙突 夕映えブレード 夕空グラデーション 窓際の夕日 夕刻の闇空 夕闇の架線

コメント

朝の太陽が出てくるところとか、夕焼けの空とかは、よく写真を見かけますが、こんな時間の空の写真というのは、始めてみました。
歌も、こんな時間を歌ってみれば面白そうです。なかなかできないけど。

投稿者 吾亦紅 : 2008年1月 9日 15:10


この時間帯は夕暮れ時も過ぎてしまって、写真を撮る人たちにとってはこの先夜景撮影モードに入るため、実はあまり撮られにくい写真撮影の谷間時間帯なのかもしれませんね。

こういう色調の空を見ていると、なんとなく切なく懐かしい気分になってしまいます。

投稿者 コーヒー : 2008年1月10日 00:59


コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0