街角散歩

« 不明瞭な遠景 | メイン | 視界一面のひまわり »

2008年8月11日

森林のトンネル

森林のトンネル

夏休み、というほどのものではないのですが、今日は一日仕事をお休み。昨日から今日にかけての一泊二日、小旅行に出かけていました。出かけた先は山梨県。「これまた渋いところへ・・・」と思う方もいるかと思いますが、実は山梨は魅力がいっぱいな場所なのです。今回訪れたのは山梨県の中でも北杜市という、長野県の県境に位置する市。このエリアは「清里の別荘地」「明野のひまわり」「八ヶ岳」など見所が多く、都内からの観光客もけっこう多いようです。

旅の詳細はその時々で撮影した写真とともにアップするとしまして、まずは昨日撮影した一枚から。この場所はかつて一度だけ訪れたことがあり、そのときの写真も過去アップしています。

■過去アップした写真
旅の支度 - 2006年5月2日

ここは、映画「いま、会いにゆきます」のロケ地になった場所。劇中、中村獅童、竹内結子、子どもの3人で歩いて廃工場へ移動するときに通った森の中のトンネルです。初めて映画を見たとき、ストーリーに感動したのは当然のこと、劇中の風景がどれもこれも素晴らしく、中でもこのトンネルのシーンはすごく印象的でした。映画を見終わったと、このトンネルの場所にすごく行きたくなり、いろいろ手をつくして実際の場所を探し出し、訪問してみました。映画で見た風景と実際目でみた風景が違うというのはよくあること。この場所も例にもれず、けっこう印象は違ったのですが、それはそれでむしろ新たな発見がありました。

前回この場所に訪れたのは2005年の夏。当時はDVDが発売されたすぐ後ということもあり、何人かの人たちが見学に訪れていました。あれから3年。もはや作品のことも話題にならなくなり、このトンネルはどうなっているのか多少気になり始めていました。そこで今回、旅の行程にあえてこの場所を入れ込んでみたのです。久しぶりに訪れたロケ地のトンネル、前回と比べると全体的に周辺の植物が成長していて、トンネル周辺は雑草が生い茂っていました。もはや訪れる人も少ないのか、トンネル内には人の足あとすら残っていませんでした。

とは言うものの、全体的にな印象はかつて訪れたときのまま。トンネルの入口付近に立つと、映画のシーンが今でもありありと脳裏に蘇ってきました。真夏のこの時期、遠く東京から足を運んでみたわけですが、「訪れた甲斐がある」と自信を持って言えるほど満足感が高い場所でした。

アップロード日時 : 2008年8月11日 22:38    撮影場所 : [ 山梨 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 JR八ヶ岳高原線 甲斐大泉と甲斐小泉の間の線路下
撮影日時 2008年8月10日 15:34
カメラ情報
カメラ Canon EOS 5D
フォーマットサイズ 35mm
ISO感度 200
露出プログラム 絞り優先AE
露出補正 -4/3EV
露出時間 1/25秒
レンズ情報
レンズ EF24-70mm F2.8L USM
焦点距離 50mm
絞り f/4.0

関連写真

格子模様の窓明かり 門下のシルエット 通勤路線の旅情感 秋海の波打ち際 浜辺のヨット 海辺の夕暮れ 富士見坂の今昔 障子越しの緑

コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0