街角散歩

« 花弁のさらに内側 | メイン | 青空の夏雲 »

2008年8月15日

演出的な空間

演出的な空間

ひまわり写真4日目。畑の周辺を歩いていると、その広さに圧倒されてしまうことしばし。見渡す限りどこまでもひまわりが顔をのぞかせるその様子は完全なる非日常の空間。まるでドラマのワンシーンを見ているかのような、そんな感じすらしました。

アップロード日時 : 2008年8月15日 00:50    撮影場所 : [ 山梨 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 山梨県北杜市明野町 ひまわり畑
撮影日時 2008年8月11日 09:29
カメラ情報
カメラ Canon EOS 5D
フォーマットサイズ 35mm
ISO感度 100
露出プログラム 絞り優先AE
露出補正 -1/3EV
露出時間 1/1600秒
レンズ情報
レンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
焦点距離 115mm
絞り f/4.5

関連写真

門下のシルエット 新緑のトンネル 波打ち際の一角 近距離の色彩 不明瞭な遠景 海辺の夕暮れ 都心の純和風庭園 浜辺の鏡面

コメント

見渡す限りのヒマワリなのですね。
何時見せていただいても、きれいの一言ですが、写真は専門でやっていらっしゃるのですか?
大概、人も入ってますけど、偶然そこに人がいて写すのですか?
これも不思議の一つなのです。

投稿者 吾亦紅 : 2008年8月15日 09:46


>吾亦紅さん
コメントありがとうございます。
写真は完全に趣味で、本業は普通の会社員です。
写真にうつりこんでいる人は、だいたいそのへんの
通りすがりの人です。風景をみているとき、なんとなく
人物込みのイメージが浮かび上がってくるので、
近辺でウロウロしている人を勝手にフレームに
入れ込んで撮ってみています。

投稿者 コーヒー : 2008年8月16日 02:06


よく分かりました。
趣味で、撮っていらっしゃるとは、あちこち出かけておいでなのですね。

通りすがりの人を入れ込んで撮ってるというのも、きれいに入っていて、意図したポーズを作っているくらいに見えます。
コーヒーさんの腕なのですね。

また寄せていただきます。

投稿者 吾亦紅 : 2008年8月16日 08:54


コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0