街角散歩

« ガラス玉の輝き | メイン | 海沿いの夕焼け »

2009年1月15日

樹枝の凍結

樹枝の凍結

箱根・駒ヶ岳の山頂を訪れたとき気温がマイナス6度であった話を先日のエントリに書きましたが、今日はあらためてそのときの続き。マイナス6度ということは完全にゲレンデのレベル。数年前、スノーボードにはまっていた時代があったのですが、そのときのゲレンデの体感温度と同じような感じでした。しかし今回はゲレンデウェアで訪れたわけではなく、いわゆる普通の服。ジーンズにセーター、その上にコートというレベル。さすがに人間、限度というものがあります。うっすら雪が積もった山頂では、いたるところで氷がはっていて、視覚的にも寒さを訴えかけてきます。そんな様子を撮影してみたのが今日の写真。

いわゆる樹氷です。雪が積もって、溶けて、再び固まったのか、それとも本家本元の樹氷と同様、空気中の水蒸気が固まったのか、これ自体の生育環境は定かでないですが、いずれにしても木の枝が凍りついていました。視覚的に寒さがビンビンに伝わってくる光景ではあるのですが、そもそもこういう現象自体、都内では全く目にできないもの。こういう珍しい事象に遭遇すると、不思議と寒さなどついつい忘れてしまうもの。この枝の前でカメラをかまえ、いろんな角度から写真を撮りまくってしまいました。

アップロード日時 : 2009年1月15日 01:49    撮影場所 : [ 神奈川 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 箱根 駒ヶ岳山頂
撮影日時 2009年1月11日 14:10
カメラ情報
カメラ Canon EOS 5D
フォーマットサイズ 35mm
ISO感度 100
露出プログラム 絞り優先AE
露出補正 -1/3EV
露出時間 1/5000秒
レンズ情報
レンズ EF24-105mm F4L IS USM
焦点距離 40mm
絞り f/4.0

関連写真

天上の眺望 冬朝の雪結晶 月夜の富士山 山頂の積雪 雪中の開花 真冬の展望台 路地の轍 樹間の祠

コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0