街角散歩

« ピンクの枝先 | メイン | 紅白の空間 »

2010年3月24日

古都の彩り

古都の彩り

朝イチの上洛で13:30までしか自由な時間がなかった慌ただしい京都の旅。そんな中で撮影した写真の中の一つが今日の一枚。祇園白川の白川南通は小川沿いに伸びる石畳の道。いにしえの京都の街並みを今に残す「ザ・京都」と言っても過言ではない通りです。この通りには運河に沿って桜と柳の木が交互に植えられていて、僕が訪れたときはまさに桜の花が咲き始めている段階でした。

古い街並みの傍らで華やかな春の色彩を放ってくれる桜の花々の様子がとても美しく、かつ印象的で、写真を撮りおわった後もしばらくその場から離れられず、しばしその場で春の京都の雰囲気を味わい続けていました。

アップロード日時 : 2010年3月24日 00:55    撮影場所 : [ 京都 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 京都 祇園新町周辺
撮影日時 2010年3月21日 13:15
カメラ情報
カメラ Canon EOS 5D
フォーマットサイズ
ISO感度 400
露出プログラム 絞り優先AE
露出補正 -1/3EV
露出時間 1/250秒
レンズ情報
レンズ EF70-200mm F2.8L IS USM
焦点距離 42mm
絞り f/6.3

関連写真

駅構内の彩り 門外の桜 孤高の桜花 落ちる桜の房 陽の当たる桜花 ピンクの空間 春色の川沿い ピンクの枝先

コメント

コーヒーさん おはようございます

京都に来られてたんですね。
花灯籠はご覧になられました?
温かい陽射しを感じる写真ですね

ぽち

投稿者 nonn : 2010年3月24日 07:42


私もこの通りは大好きです。昼も夜もそれぞれの雰囲気があって良いですね。
この写真を拝見していると、数年前のちょうど桜の時期に、この近くで、職場の歓送迎会があったことを思い出します。夜桜がとっても綺麗でした。
サクラと京都は、ほんと最高の相性ですね。

投稿者 のんのん : 2010年3月24日 21:04


すご〜く大好きな感じの
「ザ・京都」
って感じの写真ですね。

あとブログ村ぽちりまいたよ〜

私ももうすぐ人事異動で楽なところへ行ける予定です。
そしたら写真再開しまくらないと!

投稿者 ゆきはな : 2010年3月24日 22:51


>nonnさん
そうなんです。京都を訪れていたんです。ただ、自由になる時間がほとんどなく、そんな中でターゲットを「桜」だけに絞っていたため、今回「花灯籠」を見ることはできませんでした。せっかくなのに残念です。。

投稿者 コーヒー : 2010年3月25日 01:33


>のんのんさん
この場所で職場の飲み会ってすごくいいですね。「職場の飲み会」と聞くと極めて日常っぽい響きなのですが、それがこの場所だと、とたんに特別感あふれる感じになってしまいそうです。そして桜と京都。この相性は抜群ですね。そもそも京都という都市で桜と調和する街作りがはじまってから数百年も経っていることを考えると、今の洗練された街と桜の関係性が妙に納得できるような気がしました。

投稿者 コーヒー : 2010年3月25日 01:36


>ゆきはなさん
気に入っていただけて嬉しいです。そしてブログ村もありがとうございます。この場所の雰囲気がすごく好きで京都を訪れたときはこの場所もよく訪れているのですが、これまで桜が咲いてる時期に重なったことがなかったので、今回僕自身もこの場所で桜を目にすることができて感激だったりします。

ところでゆきはなさんのお仕事、かなりハードなようですね。ただ、まもなくひと段落つけるということ、メドが見えてると「あと少しがんばろう!」って気持ちになれそうですよね。落ち着いて写真を始められましたら、作品見せてくださいね。楽しみにしてます。

投稿者 コーヒー : 2010年3月25日 01:40


コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0