街角散歩

« 路上の氷 | メイン | 路上のまだら模様 »

2011年11月21日

雨中の路地裏

雨中の路地裏

週末を襲った大雨。傘をさしていてもジワジワと服に雨粒が染みこんでくるような豪雨の中、それでもくじけず写真を撮りに出かけました。とはいえ豪雨の中での写真撮影、使える機材は限られます。

古いカメラはレリーズやらシンクロ接点などなどいろんな部分に穴が開いているため、雨粒には極めて弱いのです。ということで持ち出したのは防塵防滴機構の備わっているキヤノンのカメラとレンズ。雨の中でレンズ交換をするわけにもいかないので、レンズ交換をしなくても済むようにズームレンズをチョイス。

個人的にはキヤノンのカメラの防水性能には全幅の信頼を置いています。過去、何度も雨の中で持ちだしても問題が出たことはありません。一度は傘すらもさせない雷雨の中、ビショビショに濡れるにまかせたにも関わらず、問題なく使い続けることができました。

■かつて雨でビショビショになりながら撮影した写真
雷雨の山鉾巡行 - 2006年7月19日

ということで今回もキヤノンの装備で雨中の撮影にお出かけ。訪れたのは中野。中野と言えば駅前に広がるアーケードの商店街とその周辺に残る古い飲み屋などの繁華街。雨の日にはけっこうおもしろい光景が見られるんじゃないかと思い、あえて訪れてみました。

ということで中野の古い繁華街の一角を撮影してみたのが今日の一枚。アーケード商店街から脇道の路地に入ったところで撮影。全体的に古びた感じが雨によって強調されているように感じられました。

アップロード日時 : 2011年11月21日 00:02    撮影場所 : [ 中野区 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 中野サンモール商店街 脇道の路地
撮影日時 2011年11月19日 12:47
カメラ情報
カメラ Canon EOS-3
フィルム FUJICOLOR NATURA 1600
フォーマットサイズ 35mm
ISO感度 1600
露出プログラム 絞り優先AE
露出補正 ±0EV
露出時間 1/50秒
レンズ情報
レンズ EF24-105mm F4L IS USM
焦点距離 62mm
絞り f/4.0

関連写真

歩道の照明 雨中の色彩 石畳の隆起 自転車の影絵 線路沿いの花 道端のつぼみ 木製の外壁 外壁の影絵

コメント

コーヒーさん おはようございます

雨中の撮影って気を使いますね。nonnも持ち出すのはF6、D3、D300くらいですね。間違ってもCONTAXは持って出れないですね。
雨が見えていて、奥に傘を持って歩く女性・・・。手前の自転車、提灯、反対側のタイルが計算されている様に活きる手前の土間部分・・・素敵です。

P☆

投稿者 nonn : 2011年11月21日 07:26


>nonnさん
雨の日の機材選択はホントに難しいですね。さすがにコンタックスを持ち出す勇気はないですね。RTSあたりならまだしも、僕の手持ちはN DigitalとG2なので、ちょっと濡れただけですぐに動かなくなりそうです。

それにしても、雨の日の撮影は大変ですが、その分いつもと違った街の光景を撮影することができたので、苦労に見合ったリターンは得られたような気がします。

投稿者 コーヒー : 2011年11月22日 00:12


コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0