街角散歩

「35mm」のタグ検索結果 1139件 中 1― 20 件

駅のキャットウォーク - 2013年6月 3日 23:10

電車で移動途中の中目黒駅。等間隔に並ぶ光の輪がまるで舞台照明のように見えるプラットホームでの一コマを撮影。パッと見た感じ、ファッションショー会場のキャットウォークのようでした。

夕暮れ有刺鉄線 - 2013年5月16日 01:24

工場撮影に訪れた川崎の沿岸部、扇町。夕暮れ時、工場地帯のどまんなかをテクテク歩いていると、ふと目に飛び込んできたのが今日のこの写真のような鉄条網。薄暗い空をバックにチクチクした鉄条網の形状がシルエットとしてズラッと並んでいる姿が気になって撮影してみた一枚です。

夕闇のホーム - 2013年5月 7日 00:09

川崎の沿岸部に広がる京浜工業地帯。その一角に位置する扇町という人工島。この島にはJR鶴見線が旅客路線を伸ばし、工場従業員の足として電車を走らせています。この扇町にある昭和駅のプラットホームを撮影したのが今日の一枚です。

ローカル線の発着ホーム - 2013年5月 6日 20:42

JR鶴見駅といえば京浜東北線の横浜市最西端に位置する駅なのですが、実はこの駅は沿岸部の工場地帯を走るローカル旅客船「鶴見線」の始発駅という側面も持っています。写真は鶴見駅の鶴見線専用プラットホームを撮影したもの。

ホームの先端 - 2013年5月 4日 22:00

ゴールデンウィーク半ばの5月3日、この日は景品工業地帯の工場を撮影すべくJR鶴見線を乗り継ぎまくっていました。今日の写真の場所は本線と海芝浦支線の乗換駅、浅野駅。この駅で電車を待ちつつ撮影してみたのが今日の一枚です。

境内片隅の花々 - 2013年5月 2日 23:45

向島百花園で花の写真をひと通り撮り終わった後、周囲の街を歩きながらスナップを撮っていると白鬚神社という神社にたどり着きました。境内の片隅には春の花々。午後の太陽の光を浴びてキラキラと輝いている様子を目にすることができました。

満開の藤棚 - 2013年5月 1日 23:36

向島百花園の藤棚は今が盛りとばかりに藤の花が満開。

ミニチュア銀杏 - 2013年4月30日 23:30

向島百花園で初夏の花々を撮影している途中に見かけたイチョウの若葉。この時期のイチョウはまだ超ミニミニな親指サイズ。

シャッターの狭間 - 2013年4月29日 21:37

下北沢駅の北側に、下北沢駅前食品市場という戦後の闇市由来の古いアーケード商店街が今なお残っています。

葉上の雨粒 - 2013年4月27日 23:11

近所のお寺の池で見かけたハスの葉。葉の上でキレイに丸まっている雨粒を発見。今まさに滴り落ちんとしているような絶妙なバランスで葉の上に留まっていました。

アヤメの雨粒 - 2013年4月26日 21:05

下北沢の南方、北沢川緑道の遣水の横で花を咲かせるアヤメの花を撮影。この日は雨が降っていたこともあり、雨粒が大きめな水玉となって花びらの上に乗っかっていました。

雨中の花弁 - 2013年4月25日 23:09

家の近所のお寺で写真を撮っていたときに見かけた大きな花。多少ピークを過ぎていたところを雨に振られたためか、全体的にシナシナな状態になっていました。

花弁の雨粒 - 2013年4月24日 23:30

下北沢の南側、北沢川緑道を歩いているときに見かけた道端の小さな花。この日は雨が降っていたため、花先、葉先に小さな雨粒がくっついている様子を目にすることができました。

庭園の藤棚 - 2013年4月23日 00:17

環七通りの宮前橋交差点に隣接する場所に圓乘院という、そこそこ広いお寺があります。先日このお寺を歩いていると、庭園の一角に見事な花房をぶら下げた藤棚を発見。

電線で羽休め - 2013年4月22日 00:31

下北沢あたりをブラブラ歩いていたら電線で羽休めをしているサギを発見。シモキタみたいな街中にサギがいるなんてかなり意表を突かれました。

路地の往来 - 2013年4月21日 22:49

歌舞伎町の路地。自販機に反射して見える風景はリアルで見るのと比べてどこか非日常的な感じがして、思わずシャッターを押してしまいました。

路地の丸椅子 - 2013年4月20日 22:32

昼間、歌舞伎町でスナップを撮っていたときに見かけた光景。夜を前に準備中の居酒屋の店先の様子を撮影してみました。

ビル間の高架橋 - 2013年4月19日 00:24

新宿駅の南口周辺から甲州街道の高架を撮影した一枚。青空をバックに高架橋の歩道を歩く人々の姿がクッキリとしたシルエットとして浮かび上がっているのがとても印象的でした。

カラフルな線路脇 - 2013年4月18日 00:32

JR山手線の新大久保と新宿の間の線路脇。無意味にカラフルな壁面が謎な雰囲気を醸し出している空間でした。

工事現場の影絵 - 2013年4月17日 01:36

新宿駅の東口を出てすぐの場所。アルタの数件となりのビルの解体工事が行われているエリアの外壁の鉄板を撮影。西日で明るく照らされた典範に道行く人の姿が影絵のようにクッキリ描かれていました。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0