撮影機材

« CONTAX N Digitalで新年初スナップ | メイン | 撮影機材の整理 »

2012年1月 2日

【法則】中古レンズ付属品貧乏の法則

【法則】中古レンズ付属品貧乏の法則
レンズを中古で安くゲットすると嬉しいけど、使い続けているとついつい付属品も欲しくなるもの。フード、キャップ、ケースなどを別々に購入していると、いつのまにか新品でレンズを買うのと大して値段が変わらないぐらいの出費になってしまうという悲しい出来事。カメラ用品は本体よりも付属品が割高な傾向にある。新品買い、もしくは中古でも付属品つきのものを選んだ方が、イニシャルコストはかさむがトータルでは安くあがることが多い。

ちなみにこの写真のレンズは中古価格は25,000円ぐらい。右側の専用フードは7,500円。フードのクセしてかなり割高。

アップロード日時 : 2012年1月 2日 20:41

カテゴリ [ 機材よもやま話 ]

ブックマーク : Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us に追加 はてなブックマークに追加

コメントを投稿

広告

ATOM rss1.0 rss2.0