撮影機材

« FUJIFILM X-Pro1 | メイン | PENTAX645で靖国神社の桜を撮る »

2012年3月31日

FED-3の分解・修理

ライカLマウントのカメラが欲しくなったので、スロバキアのカメラ屋からソビエト製FED-3というレンジファインダーカメラを購入。外見はとてもキレイだったが、低速シャッターが全く動かないという難アリ物。商品説明には「オーバーホール済み完動美品」って書いてた気がするんだけど、何かがおかしい。とは言えせっかく手に入れたものなので、なんとか動くように修理してみることに。

しかし、ソビエトのライカコピー品買ってこんな苦労するぐらいだったら、多少高くても最初からライカを買った方がいいような気がしてきた。

アップロード日時 : 2012年3月31日 19:40

カテゴリ [ カメラのトラブル ]

ブックマーク : Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us に追加 はてなブックマークに追加

コメントを投稿

広告

ATOM rss1.0 rss2.0