撮影機材

« Carl Zeiss Distagon C 50mm F4用純正メタルフード | メイン | PENTAX SPIIで北の丸公園・靖国神社をスナップ »

2012年6月23日

HASSELBLAD 500C/Mで江戸東京たてもの園を撮影

今日の目的地は東京都立小金井公園。ということでJR中央線に乗って武蔵小金井駅で降りる。ちょっと前まで中央線では高架化工事が行われていて、数年前に訪れたときは上り線だけ地上を走っていた。しかしながら今日訪れてみたところ少なくとも武蔵小金井までの間は工事が完了した様子。ピカピカの駅舎がまぶしい。

駅舎が新しくなったのがごくごく最近のことだと感じる光景がこれ。駅前広場の歩道橋が空中でブツ切りになったまま放置されていた。駅との接続部分のみ撤去して、残りの部分を後回しにしているのだと思われる。

久しぶりに訪れた小金井公園。けっこう広い敷地の中には緑地あり、芝生ありのなんでもありの多目的な公園。中でも特徴的なのが園内の有料エリア「江戸東京たてもの園」。昭和初期の街並みがリアルに再現されていて、どこを見ても物珍しさ満載。

今日のカメラはハッセルブラッド500C/M。先週まで使っていた500Cより一つ新しいモデル。今日の撮影で使い勝手を確認しつつ、ついでに自分で修理してみたフィルムマガジンも動作チェックしてみることに。

17:00ごろ撮影終了。撮りたいものがたくさんあり過ぎて、いつの間にか手持ちのフィルム全部撮り終えてしまった。今日の成果はプロビア100Fの120サイズを5本、ベルビア100の220サイズを1本。合計84枚撮影。

右側が先週まで使っていたハッセルブラッド500C。左側が今日から使い始めた500C/M。そもそも500Cのファインダースクリーンが暗くてピントを合わせるのが大変だったから500C/Mを追加で入手したわけだが、今日実際に使ってみて実感。500C/Mのスクリーンの方がビックリするぐらい明るくて、とてもピントが合わせやすかった。思い切って500C/Mを追加購入したのは正解だった。

アップロード日時 : 2012年6月23日 20:14

カテゴリ [ フィルム・プリントの話 ][ 今日の機材 ][ 機材よもやま話 ]

ブックマーク : Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us に追加 はてなブックマークに追加

コメントを投稿

広告

ATOM rss1.0 rss2.0