撮影機材

« ストロボのディフューザーとUVフィルター | メイン | "PHOTO IS"大阪会場の「絆ポスト」メッセージ用紙が届く »

2012年9月 8日

HASSELBLAD 500C/Mで国分寺をスナップ

JR中央線の国分寺駅。先日何かの雑誌を見ていたら国分寺に「真姿の池湧水群」という水が湧き出しているエリアがあるらしく、どういうところか気になったので実際写真を撮りに言ってみることに。この時期の水場というと、なんとなく蚊が多い気がするが、負けずに攻めこんでみる。

武蔵国分寺公園をウロウロしていると、急な勾配の下り坂を発見。下ったその先が目的地の「真姿の池湧水群」。どうやら日本百名水の一つに選ばれているらしい。武蔵野台地を多摩川が削った跡の崖が国分寺崖線。崖の途中から染み出した自然の湧き水が小川と流れていく様子がとても美しい。そして水がすごく冷たくて気持ちいい。

カメラはハッセルブラッドの500C/M。レンズはプラナー80mm、ゾナー150mm、ディスタゴン50mmの3本。ホントはマミヤRB67を持ち出そうと思っていたのだが、今日は機材の重さに身体がついていかなそうな気がしたので断念。比較的軽量級なハッセルブラッドを使うことにした。

今日は富士フイルムのリバーサル、ベルビア100Fの220サイズを3本消費。合計撮影枚数は72枚。

アップロード日時 : 2012年9月 8日 19:12

カテゴリ [ 今日の機材 ]

ブックマーク : Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us に追加 はてなブックマークに追加

コメントを投稿

広告

ATOM rss1.0 rss2.0