撮影機材

2012年12月30日

自炊三昧の年末

読み終わった新書を次から次に裁断。スキャンしてOCRにかけてPDF化。自炊にいそしむ歳末の夜。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2012年12月30日 17:00 | コメント (0)

カテゴリ [ 機材よもやま話 ]

2012年12月15日

スナップに出かけない週末の過ごし方

ヤフオクに出品していたカメラ用品12品が昨夜全部落札されたので配送用に梱包。この時期は小売業の年末商戦真っ只中のシーズンなので一般コンシューマの購買意欲が一年で一番高い時期。今回の出品物も想像の1.5倍ぐらいの値で落札された。いいタイミングで出品できてよかった。

ちなみに今日はせっかくの週末なのに残念ながら小雨がちで空は暗め。こんな日は写真を撮りに出るのも微妙なのでスナップ撮りは断念。代わりに家でひたすら自炊作業に勤しむことに。裁断しまくりスキャンしまくり。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2012年12月15日 23:23 | コメント (0)

カテゴリ [ 機材よもやま話 ]

2012年8月 4日

物撮りライティングの練習

昼間は屋外でスナップ。夜は室内で物撮りライティングの練習。フラットに当てるのは簡単だけど、いい感じに陰影をつけて表現を織り込むとなると、とたんに難しくなる。なかなか奥が深い。

ということで今日の練習の成果。カーブのついているものは周囲が映り込みまくるしキレイなハイライトも作りにくい。もっと光の当て方を工夫しないとダメだ。

全体的にのっぺりしていて立体的に写せていない。立体感を表現するためにはハイライトとシャドウをうまく入れ込まなきゃダメなのだが、そこまでうまく表現できなかった。まだまだ修行が足りない。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2012年8月 4日 23:42 | コメント (0)

カテゴリ [ 今日の機材 ][ 機材よもやま話 ]

2012年6月23日

HASSELBLAD 500C/Mで江戸東京たてもの園を撮影

今日の目的地は東京都立小金井公園。ということでJR中央線に乗って武蔵小金井駅で降りる。ちょっと前まで中央線では高架化工事が行われていて、数年前に訪れたときは上り線だけ地上を走っていた。しかしながら今日訪れてみたところ少なくとも武蔵小金井までの間は工事が完了した様子。ピカピカの駅舎がまぶしい。

駅舎が新しくなったのがごくごく最近のことだと感じる光景がこれ。駅前広場の歩道橋が空中でブツ切りになったまま放置されていた。駅との接続部分のみ撤去して、残りの部分を後回しにしているのだと思われる。

久しぶりに訪れた小金井公園。けっこう広い敷地の中には緑地あり、芝生ありのなんでもありの多目的な公園。中でも特徴的なのが園内の有料エリア「江戸東京たてもの園」。昭和初期の街並みがリアルに再現されていて、どこを見ても物珍しさ満載。

今日のカメラはハッセルブラッド500C/M。先週まで使っていた500Cより一つ新しいモデル。今日の撮影で使い勝手を確認しつつ、ついでに自分で修理してみたフィルムマガジンも動作チェックしてみることに。

17:00ごろ撮影終了。撮りたいものがたくさんあり過ぎて、いつの間にか手持ちのフィルム全部撮り終えてしまった。今日の成果はプロビア100Fの120サイズを5本、ベルビア100の220サイズを1本。合計84枚撮影。

右側が先週まで使っていたハッセルブラッド500C。左側が今日から使い始めた500C/M。そもそも500Cのファインダースクリーンが暗くてピントを合わせるのが大変だったから500C/Mを追加で入手したわけだが、今日実際に使ってみて実感。500C/Mのスクリーンの方がビックリするぐらい明るくて、とてもピントが合わせやすかった。思い切って500C/Mを追加購入したのは正解だった。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2012年6月23日 20:14 | コメント (0)

カテゴリ [ フィルム・プリントの話 ][ 今日の機材 ][ 機材よもやま話 ]

2012年6月 4日

A12フィルムマガジンへのフィルム装填

ハッセルブラッドのカメラを使ってみて気づいたこと。A12マガジンにフィルムを装填しているときに感じたことだが、コダックのフィルムはスルスルっとスムーズに装填できるのに富士のフィルムをはとても装填しにくい。ロールペーパーの紙質の違いなのか、何かひっかかる感じがする。

このカメラが発売された今から50年前と言えば、フィルムと言えばコダックって時代だったわけだし、仕方ないのかな。その当時は日本でも富士より小西六(現コニカミノルタ)の方が主流だったぐらいだし。

とは言え、コニカのフィルムは早々になくなり、コダックですらリバーサルフィルムの生産をやめてしまった昨今、このマガジンに装填するのは圧倒的に富士の比率が高くなってしまった。それにしても、あのコダックがリバーサルフィルムを作らなくなるなんて、ビクター・ハッセルブラッドさんは想像すらできなかっただろうな。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2012年6月 4日 00:05 | コメント (0)

カテゴリ [ フィルム・プリントの話 ][ 機材よもやま話 ]

2012年5月30日

HASSELBLAD 500Cテスト撮影の結果レビュー

入手したばかりのハッセルブラッド500Cを持って試し撮りに出かけたのが週末のこと。井の頭公園でフィルム5本分の写真を撮影

■試しどりの様子をまとめたエントリ
HASSELBLAD 500Cで井の頭公園をスナップ - 2012年5月26日

■このカメラで撮影した写真
小川の少年 - 街角散歩


このハッセルブラッドのカメラ、レンズ、フィルムマガジンはいずれもヤフオクで超激安で落札したものの寄せ集め。もしかしたら何かしら難がある可能性も捨て切れない。例えばボディは内面反射の嵐であるとか、レンズは絞りやレンズシャッターが粘っていたりとか、フィルムマガジンの場合は光線漏れがあったりとか。実際に撮影してみないとわからない事例も多いので、何はともあれ実写してみないことには始まらない。

ということで現像あがりのフィルムをピックアップ。ライトボックスに乗せてルーペでじっくり見てみる。すると、最も可能性の高いと恐れていて「フィルムマガジンの光線漏れ」は皆無。写真そのものも大変素晴らしく、これまで見たことのない深みのある写りだった。

しかしながら今回は久しぶりにピンボケを量産してしまった。500Cのフォーカシングスクリーンは暗いので、うまくピントの山を合わせることができなかったらしい。しかも今回は比較的F4の開放で撮ることが多かったので、余計にピントを外してしまっていたっぽい。

それともう一点。これは今後の追加検証が必要だが、撮影した写真が全体的に多少アンダーっぽい気がする。感覚的に半段から一段ぐらいアンダー目な仕上がり。露出に影響があるということはシャッター、もしくは絞り。500Cはレンズシャッター機なので、問題があるとしたらレンズ。絞りやシャッターの動きが「速くなる」というのはありえないので、事象としてはこれらの動作個所が遅くなっているということ。一般的にはヘリコイドグリス溶解時に発生した油などによる粘りが考えられる。通常、絞りやシャッターが粘った場合は動きが遅くなって実際よりも多めの露光をしてしまい、オーバー目に写ってしまうことが多い。ところが今回はアンダー。もしかしたらシャッターの動作速度は同じだけど、スタートタイミングに遅れが発生したりしてるのかな?

いずれにしても謎が多いので、次回はデジタルカメラと一緒に持ちだして、絞りとシャッタースピードを全く同じにして同じシーンを撮影。露出量を比較してみることにする予定。

一方で、今回の写真は全てリバーサルフィルムで撮影したものだから半段、一段の差が気になったのであって、これがネガだったらおそらく何も気にならないと思われる。ということでネガでの撮影にもトライしてみる予定。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2012年5月30日 21:33 | コメント (0)

カテゴリ [ フィルム・プリントの話 ][ レンズのトラブル ][ 機材よもやま話 ]

2012年3月 3日

質屋で逡巡

今日は近所をブラブラお散歩。下北沢あたりを歩いていると、ちょっと気になる質屋を発見。こういう何気ない質屋に掘り出し物のカメラが置いてあったりするもの。ふらふらーっと中に入って物色してみると予感的中!前々から気になっていたカメラ「ゼンザブロニカEC」を発見。値札がなかったのでお店の人に聞いてみると8,400円とのこと。安い。買うか買うまいかその場で30分ぐらいカメラをカチャカチャいじりながら考え続けるも、結局買わずに質屋を出る。そもそも「前々から欲しかったカメラ」なんてゴマンとあるわけで、そんなもの追い求めてたらキリがない。と自分自身に言い聞かせるように店を後にする。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2012年3月 3日 18:54 | コメント (0)

カテゴリ [ 機材よもやま話 ]

2012年2月25日

ヤフオク出品用写真撮影

ヤフオク出品物の写真撮影中。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2012年2月25日 20:06 | コメント (0)

カテゴリ [ 機材よもやま話 ]

2012年2月11日

CP+

会社の人からCP+のチケットをもらったので行ってみることに。想像以上に人が多くてビックリ。機材の写真を撮る人とコンパニオンの写真を撮る人が混在してて、不思議な空気が漂ってる。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2012年2月11日 17:13 | コメント (0)

カテゴリ [ 機材よもやま話 ]

2012年1月 3日

撮影機材の整理

大晦日にやろうと思いつつ断念したドライボックスの中の撮影機材整理。中身を全部出して使うもの使わないもの、保存しておくもの売却するものと分類。安いカメラやレンズを集めていたら知らぬ間に増殖しまくって、いつの間にやらこんなことに。

使わなくなった機材を手元に持ち続けるのはコレクション的にはアリだけど、無駄に死蔵させてしまうのはもったいない。中古市場に還流して、本当にその機材を必要としている新たな持ち主の手に渡るようにしたい。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2012年1月 3日 16:43 | コメント (0)

カテゴリ [ 機材よもやま話 ]

2012年1月 2日

【法則】中古レンズ付属品貧乏の法則

【法則】中古レンズ付属品貧乏の法則
レンズを中古で安くゲットすると嬉しいけど、使い続けているとついつい付属品も欲しくなるもの。フード、キャップ、ケースなどを別々に購入していると、いつのまにか新品でレンズを買うのと大して値段が変わらないぐらいの出費になってしまうという悲しい出来事。カメラ用品は本体よりも付属品が割高な傾向にある。新品買い、もしくは中古でも付属品つきのものを選んだ方が、イニシャルコストはかさむがトータルでは安くあがることが多い。

ちなみにこの写真のレンズは中古価格は25,000円ぐらい。右側の専用フードは7,500円。フードのクセしてかなり割高。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2012年1月 2日 20:41 | コメント (0)

カテゴリ [ 機材よもやま話 ]

2011年12月30日

ドライボックス

2011年最後の日はカメラ機材のドライボックスの中身を全部出して総点検をやる予定。なかなかハードな作業になりそう。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2011年12月30日 21:37 | コメント (0)

カテゴリ [ 機材よもやま話 ]

広告

ATOM rss1.0 rss2.0