街角散歩

« 大自然の風景 | メイン | 諏訪湖の夕焼け »

2006年3月31日

東京国際フォーラム

東京国際フォーラム

東京国際フォーラムは昼と夜の顔が違います。昼はビジネス街の一角として機能していますが、夜は幻想的なライティングにより芸術的な空間へとその姿を変えます。

中学生のころからテレビ業界で働きたいと思っていた僕は、就職活動のとき映像業界しか受けませんでした。一部例外的に新聞社も受けましたが、そちらにはそれほど興味がありませんでした。やはり目指すは映像業界。この手の会社に対して本気で就職活動を行う人は、まず全国のテレビ局を受けまくります。僕の場合、北は仙台、南は熊本まで、けっこう広い範囲で就職活動を行いました。

地方局と言っても、それなりの規模のある会社は一時面接などは東京で開催してくれたりもしました。また、テレビ番組の制作会社は基本的に東京に集中しているため、必然的に東京を訪れることが多かったのです。そういう意味で関東の大学の人たちは東京を中心に就職活動できるから便利だと思うのですが、僕の場合は大学が京都にあったため、かなり頻繁に東京を訪れなきゃいけませんでした。

そんなにお金もなかったので、移動はもっぱら夜行バス、もしくは飛行機でした。飛行機もお金かかりそうですが、若者にはスカイメイトという心強い割引制度があるため、この制度をフルに使って半額で飛行機に乗りまくってました。そういう意味で新幹線は最もお金のかかる交通手段だったので、あまり積極的に使うことはありませんでした。

みなさん夜行バスに乗ったことってあります?よく「あまり眠れない」とか「けっこうしんどい」というような声を聞くのですが、僕にはすごくありがたい乗り物でした。まず何といっても安いわけです。これは何にも変えられません。22:00か23:00に京都駅を出て、朝方東京駅に着いているのです。そして僕の場合は夜行バスでもガッツリ眠れるので、全く不便がないわけです。

朝方東京駅に着くと、まずスーツに着替えます。僕は東京駅で着替えられるトイレを何ヵ所かチェックしていたので、そこで素早く着替えを済ませます。着替え終わるとすぐに赤坂に移動します。赤坂では長時間居座り続けても、眠っても全く注意されないお店を一つ見つけていたので、面接や試験までの待ち時間はそのお店で時間をつぶしてました。

そして帰りは再び東京駅に戻り、着替えて東京発の夜行バスを待つわけです。夜行バスの出発は22:00。それまでの待ち時間が意外と長いので、東京駅の周辺で時間をつぶすことが多かったです。そんなときよく訪れていたのが、今日の写真に写っている東京国際フォーラムでした。

この東京国際フォーラム、僕らの就職活動次期のちょっと前に完成したもので、当時はけっこう話題になってました。たしかにすごい建物だと思いますよ。すごくアーティスティックじゃないですか。不思議な形、ガラスの吹き抜け、開放感いっぱいの内装は心落ち着かせるには最適な場所です。

そもそも東京駅にほど近いこんな場所に、よくこれだけの土地があったものだと不思議に思っていたのですが、よくよく調べてみるとここって元々東京都庁があった場所だったのですね。で、都庁が新宿に移転した跡地利用で作った場所だったわけです。そういう歴史的な面を知るとさらにおもしろい。

で、当時僕はこの東京国際フォーラムでどうやって時間をつぶしていたかというと、中にあるベンチに座って本を読んでいたのです。どこかのお店に入るようなお金はありません。かといって屋外で過ごすのもつらいものがあります。東京駅の中は落ち着いて過ごせる屋内施設がなかったため、そういう意味でこの東京国際フォーラムは最適な施設だったのです。

東京国際フォーラムも今年で完成してから9年目。その存在にけっこう慣れた感じもありますが、それでも改めて訪れてみると、その美しさにビックリさせられるものです。昼間は太陽の光が反射してまばゆいばかりの姿を見せてくれ、夜は不思議なライトアップにより幻想的な姿を見せてくれます。今でもたまにこの場所を訪れることがありますが、ふと就職活動当時の自分を思い出すことがあります。

アップロード日時 : 2006年3月31日 00:40    撮影場所 : [ 千代田区 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 東京国際フォーラム 地上広場
撮影日時 2006年3月 5日 19:37
カメラ情報
カメラ Canon EOS 20D
フォーマットサイズ APS-C
ISO感度 100
露出プログラム 絞り優先AE
露出補正 -1/3EV
露出時間 1/25秒
レンズ情報
レンズ EF24-70mm F2.8L USM
焦点距離 24mm
絞り f/2.8

関連写真

通路の多重光線 薄暗い雪道 夜中の歩道 深夜の雪道 屋台のかき氷 闇夜のブルー 闇夜の窓明かり 青光の波間

コメント

私は飛行機が嫌いなので、移動は新幹線かバスになってしまいます。一度、福岡から東京まで夜行バスに乗ったことがありましたが、もう2度と乗らないと思います。12時間以上かかるので死にそうでした。

投稿者 竹下博子 : 2007年1月 5日 14:17


コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0