街角散歩

« 水面の光帯 | メイン | 黄金の寸陰 »

2007年3月22日

軒先での発見

軒先での発見

そもそも今回の上洛のミッションは桜の写真を撮ること。とは言いつつも、毎年この日に京都を訪れてはいるものの、桜が咲いている様子を見たことがありません。しかし!今年は記録的な暖冬。もしかしたら桜の花を見ることができるかもしれないという一縷の望みを託して上洛してみました。

初日に訪れたのは京都御苑。インターネットの情報では京都御苑の「ソメイヨシノ」はまだまだ咲いてないものの、しだれ桜は少しずつ花を咲かせ始めたという情報を見ました。そこで昨日、22:30ごろに京都駅に到着して、その足で地下鉄烏丸線に乗り換え今出川まで直行しました。いざ!桜の花を探そう!と思い、御苑の中をウロウロしてみたのですが、悩ましいことに一向に花を咲かせている桜の木を発見できません。そもそも夜の京都御苑はとても暗く、何がなにやらイマイチよくわからない状態。ときどき白っぽい花を見つけて「もしや!」と思うものの、紛らわしいことに梅の花だったり桃の花だったりと、どうにも目的の桜を見つけることができません。なんとか桜っぽいものを発見できたものの、あまりにも暗くてピントを合わせるのが極めて難しいのです。どうにもこうにもうまい具合に桜の写真を撮ることができず、その日は断念。

翌日。つまり今日。桜の花を探していろんな場所を歩いてみました。東寺、西本願寺、東本願寺とめぐってみたのですが、残念ながら桜の花はまだまだつぼみのままの状態。「やはりまだまだ早かったのか・・・」と半ば桜を見つけるのをあきらめ、京都駅方面へと向かって歩いているそのとき!民家の軒先で桜らしきものを発見しました。急いで駆け寄って見てみると、これが見事な桜。ソメイヨシノではないようですが、桜は桜です。運がいいことに今日の天気は快晴。やはり桜の花は太陽の光を浴びてこそ輝きを増すもの。昨日の深夜、真っ暗な中で見た桜とはひと味違います。

とは言いつつも、この桜もまだまだ5分咲きといった感じ。どこかしら控え目な印象です。これからいよいよ桜真っ盛りの季節。桜満開の時期に合わせて京都へ行くことはできないので、今年もまた東京で、鮮やかに花を咲かせる桜の木々を撮影してまわりたいと思っています。

アップロード日時 : 2007年3月22日 00:21    撮影場所 : [ 京都 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 京都市下京区八百屋町周辺
撮影日時 2007年3月21日 11:26
カメラ情報
カメラ Canon EOS 20D
フォーマットサイズ APS-C
ISO感度 100
露出プログラム 絞り優先AE
露出補正 -1/3EV
露出時間 1/3200秒
レンズ情報
レンズ EF24-70mm F2.8L USM
焦点距離 54mm
絞り f/2.8

関連写真

散りゆく季節の桜吹雪 花の寿命 花びらフワリ 見おろし桜 花冷えの春雨 極寒の夜桜 心揺さぶる色彩 近所の穴場

コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0