街角散歩

« 盛夏の浸透圧 | メイン | 初夏の涼 »

2007年6月20日

印象の差異

印象の差異

梅雨の季節といえばアジサイの花。つい先日まで、花が全部開ききっておらず、大きな房の中にところどころ小さな花が開きかけているといった状態だったのですが、先日、日曜日に見たアジサイは見事に満開。折しも関東地方が梅雨入りしたこの時期に、まるで見計らったかのように開花時期を合わせてきました。

ただ、アジサイの花は「雨の日」にこそ映えるもの。僕自身、記憶の中にあるアジサイの花は、雨の中、もしくは水に濡れた状態のイメージだったりします。だからこそ晴れの日に見るアジサイの花は新鮮。今まであまり意識しなかった「花の形」や「淡い色調」など、雨の日には見落としがちな特徴ををじっくりと観察することができました。

アップロード日時 : 2007年6月20日 01:37    撮影場所 : [ 世田谷区 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 豪徳寺
撮影日時 2007年6月17日 15:07
カメラ情報
カメラ Canon EOS 20D
フォーマットサイズ APS-C
ISO感度 100
露出プログラム 絞り優先AE
露出補正 -1/3EV
露出時間 1/1250秒
レンズ情報
レンズ EF24-70mm F2.8L USM
焦点距離 70mm
絞り f/2.8

関連写真

道ばたの花 散りゆく季節の桜吹雪 寒中の暖色 不意うち春景色 寒中の春支度 早春の兆候 花の寿命 花びらフワリ

コメント

以前からこちらのブログを拝見させていただいてます。自分も写真を撮るのですが、なんとなく同じような場所をフィールドとしているような感じがします。もしかしたらすれ違っているかも。

私もブログを立ち上げましたので
勝手ながらリンクを貼らせて頂きました。また遊びに来ます。

投稿者 zima : 2007年6月25日 20:09


コメントありがとうございました!
ブログ拝見しました。とってもいいですね。
おそらくかなり近場でニアミスをしてるような気がします。

またブログ見に行きますね。

投稿者 コーヒー : 2007年6月29日 02:00


コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0