街角散歩

« 神社の提灯 | メイン | 奥行き三層構造 »

2008年1月 7日

黄金色の沿道

黄金色の沿道

日本橋浜町の明治座付近を歩いていたときのこと。何気なくブラブラしていると、なんとなくにぎわっているような通りがあったので、そちらに向かって歩いてみました。その通りは「甘酒横町」という名前で、地下鉄の水天宮前や人形町から明治座へ行くための通り道。沿道には和服屋、和食屋、お茶屋などなどとても「和」っぽい店が並んでいます。

僕がこの通りを歩いていたのは夕方。通りを東から西へ向かって歩いていると、真っ正面から夕刻時の太陽の斜光線が差し込んでくるため、まぶしさで前方がハッキリ見えませんでした。そんな状況下、あえて撮ってみた写真が今日の一枚。

太陽の光が沿道に反射して、まるで黄金のようにキラキラ輝いていました。そんな地面に落ちる通行人の影はとても印象的。夕刻時の太陽の光はなぜか郷愁を誘うものがあり、特になじみのないはずの人形町の風景が、なぜだか懐かしく感じられてしまいました。

アップロード日時 : 2008年1月 7日 00:32    撮影場所 : [ 中央区 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 中央区日本橋人形町2丁目周辺
撮影日時 2008年1月 5日 15:42
カメラ情報
カメラ Canon EOS 20D
フォーマットサイズ APS-C
ISO感度 100
露出プログラム 絞り優先AE
露出補正 -1/3EV
露出時間 1/640秒
レンズ情報
レンズ EF24-70mm F2.8L USM
焦点距離 70mm
絞り f/2.8

関連写真

地面に伸びる影 吹き抜けの空間 夕暮れの街並み 夕方の黄金時間 空と海の煌めき 窓外の眩しさ 夕暮れ空の煙突 夕映えブレード

コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0