街角散歩

« 吹き抜けの空間 | メイン | 廊下の陽光 »

2008年1月18日

鉄扉への影模様

鉄扉への影模様

両国駅のすぐ近くにある横綱町公園。いわゆる普通の公園なのですが、普通と違うところは公園のど真ん中にでっかい寺のような建物があること。ここは太平洋戦争中、下町界隈で亡くなられた方々の戦没者慰霊堂。かなり立派な建物なので、周囲をぐるりと歩いているとき、とても荘厳な扉がついているのを発見しました。体重をかけないと開きそうもないような鉄扉、そしてそこに至るまでのちょっとした階段。いわゆる住宅街では目にする機会のない荘厳なそのつくりにちょっと興味を惹かれ、思わず撮影してしまった一枚です。

アップロード日時 : 2008年1月18日 00:51    撮影場所 : [ 墨田区 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 横綱町公園 東京都慰霊堂
撮影日時 2008年1月13日 15:00
カメラ情報
カメラ Canon EOS 20D
フォーマットサイズ APS-C
ISO感度 100
露出プログラム 絞り優先AE
露出補正 -2/3EV
露出時間 1/1250秒
レンズ情報
レンズ EF24-70mm F2.8L USM
焦点距離 28mm
絞り f/2.8

関連写真

夏のきざし 巨大な螺旋階段 雨上がりの石段 初秋の緑葉 坂道の階段 遠方の灯窓 喧噪の枠外 昔なじみの事物

コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0