街角散歩

« 夕空グラデーション | メイン | 早春の兆候 »

2008年1月21日

古き建物への郷愁

古き建物への郷愁

今日は小金井市の小金井公園に併設されている「江戸東京たてもの園」という場所へ行ってきました。実を言うと先週、両国の江戸東京博物館へ行ったあと、自宅に戻っていろいろ調べていると、似たような名前をした別の施設のタイトルがついた写真を発見。その写真を見てみると、江戸東京博物館とは全く趣が異なる「和」な世界が広がっていて、「ここはどこだ!」と思い、いろいろ調べた結果、江戸東京たてもの園なるものの存在を知ったのです。

ということで訪れた江戸東京たてもの園ですが、これがとてもよく、何度でも訪れてみたくなるような場所でした。一言でいうと「屋外建物展示場」みたいなもの。言ってみれば長崎のグラバー園や神戸の異人館のようなものです。グラバー園や異人館がいわゆる「洋館」を展示しているのに対し、江戸東京たてもの園はなんとなく懐かしくなるような日本建築を小金井公園に移築して展示しているのです。江戸時代から昭和初期にかけて「江戸」「東京」に実際存在した建物の様子はとても懐かしく感じられるものばかり。まるで古い時代にタイムスリップしてしまったような、そんな気にさせられてしまう場所でした。

アップロード日時 : 2008年1月21日 00:16    撮影場所 : [ 都下 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 江戸東京たてもの園
撮影日時 2008年1月20日 14:39
カメラ情報
カメラ Canon EOS 20D
フォーマットサイズ APS-C
ISO感度 100
露出プログラム 絞り優先AE
露出補正 -1/3EV
露出時間 1/80秒
レンズ情報
レンズ EF24-70mm F2.8L USM
焦点距離 70mm
絞り f/2.8

関連写真

夕焼け空の反射 レトロな洋風建築 駅入口の彫刻 すり鉢状の芝生 未完の道路計画 闇夜のブルー 夏の落とし物 浜辺の二人

コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0