街角散歩

« 優雅な空間 | メイン | 薄色二分咲き »

2008年3月23日

スタートの合図

スタートの合図

いよいよ春です。気温も暖かくなり、外を歩いていると道端には花や草が芽吹いている様子を見てとれます。春といえば桜。そろそろ桜が咲く季節ではないかと思い、今日は靖国神社へ行ってきました。靖国神社には桜の標準木があります。

気象庁が開花宣言をする桜はソメイヨシノという品種。全国各地にソメイヨシノ開花状況の観測の基準となる「標準木」があり、この木の花が咲いたら開花宣言が出されます。東京の標準木があるのは靖国神社。ということで、東京の桜の状況はどうなっているのか様子を見るために、靖国神社へ訪れてみることにしたのです。

九段下から坂道を登り、靖国神社の参道を歩いて拝殿へ。第二鳥居をくぐり門を抜けて、能楽堂の前にある標準木を見てみました。すると!標準木の枝先には見事に花がついていました。まだまだ一部の枝先にしか花は咲いていませんでしたが、開花は開花です。これから数日であれよあれよという間に東京の桜が咲いていきます。去年のこの時期は何かと慌しく、あまり写真を撮りに出ることができなかったので、今年はいろんな桜名所をめぐって、写真を撮りまくろうと思っています。

アップロード日時 : 2008年3月23日 02:57    撮影場所 : [ 千代田区 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 靖国神社 境内
撮影日時 2008年3月22日 15:41
カメラ情報
カメラ Canon EOS 20D
フォーマットサイズ APS-C
ISO感度 100
露出プログラム 絞り優先AE
露出補正 -1/3EV
露出時間 1/100秒
レンズ情報
レンズ EF70-200mm F2.8L IS USM
焦点距離 200mm
絞り f/16

関連写真

春色の鑑賞会 早咲き桜の開花 花びらフワリ 心揺さぶる色彩 遅れてきた春 近所の穴場 ひとつの季節の終わり 薄ピンクの視野

コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0