街角散歩

« 古都の戸口 | メイン | 土手の陽光 »

2010年3月28日

標準木の開花

標準木の開花

東京で桜の開花と言えば靖国神社です。靖国神社の境内には気象庁が桜の開花度合いを観測するための「標準木」と呼ばれる桜の木があります。ソメイヨシノという品種はそもそも江戸時代に品種改良で作られたもの。この種が接ぎ木によって世界各国に広がっていったため、今では桜の代名詞というべき存在になっています。この品種は自ら種子を作って増えることができないため、繁殖のためには必ず「接ぎ木」という行程を経なければなりません。ということで世の中に存在する全てのソメイヨシノはクローンであって、遺伝子的には完全に同一だったりします。そのため、気象条件や育成条件が同じ場所では必ず同じタイミングで花を咲かせます。ということであるため、標準的な樹木を1つだけウォッチすることで、その近辺の桜の開花状況を言い表すことができるのです。

ということで靖国神社の境内で東京の標準木であろう個体の写真を撮影してみました。開花はしているものの、まだ三分咲きと言ったところ。4月1週目の週末あたりが最盛期ではないかと思われます。今週から来週にかけて、桜の様子は要チェックです。

アップロード日時 : 2010年3月28日 20:24    撮影場所 : [ 千代田区 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 靖国神社
撮影日時 2010年3月27日 13:52
カメラ情報
カメラ CONTAX N DIGITAL
フォーマットサイズ 35mm
ISO感度 25
露出プログラム 絞り優先AE
露出補正 ±0EV
露出時間 1/180秒
レンズ情報
レンズ Vario-Sonnar T* 70-300mm F4-5.6N
焦点距離 282mm
絞り f/5.7

関連写真

藤の下の庭園 境内の藤棚 春の気配 高台の眺め 岸辺のひととき 夕暮れ空の富士山 光線上の山並み 新緑の沼沢地

コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0