街角散歩

« 土手の陽光 | メイン | 外濠沿いの春 »

2010年3月30日

薄暗い太陽

薄暗い太陽

先日、都内の桜名所をめぐって歩き回っていた日のこと。多摩川河川敷を歩いていると、日中は太陽が出て辺りを明るく照らしていたのに、いたのに夕方になるに連れて雲が多くなり、次第に太陽の光を遮って薄暗くなりはじめました。そんな状態の空の様子を撮影してみたのが今日の写真です。太陽を写真に写し込むと、普通だったら太陽が劇的に明るいため周囲が真っ暗になってしまうのですが、このときは手前を遮る雲がいい具合にディフュージョンの役割を果たしてくれていました。

アップロード日時 : 2010年3月30日 00:57    撮影場所 : [ 世田谷区 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 二子玉川 多摩川河川敷
撮影日時 2010年3月27日 16:32
カメラ情報
カメラ CONTAX N DIGITAL
フォーマットサイズ 35mm
ISO感度 25
露出プログラム 絞り優先AE
露出補正 +1EV
露出時間 1/1000秒
レンズ情報
レンズ Vario-Sonnar T* 24-85mm F3.5-4.5N
焦点距離 73mm
絞り f/4.6

関連写真

外濠沿いの春 満開の遅咲き桜 雲間の夕日 ビル間の吊り橋 薄闇のトラス橋 黄金色のウッドデッキ 頭上の別世界 初夏の日差し

コメント

何とも幻想的な太陽が、良い雰囲気を醸し出していて、素敵な写真ですね。河川敷の桜も、ここ最近の寒さにはちょっとビックリしたでしょうかね。でもこれから一気に満開になりそうですね。
こちらの写真は太陽ですが、今夜はブルームーンだそうで、今さっき、とっても綺麗な満月を拝んできました。月明かりが強力でじっと見つめていると、何だか心が洗われるような思いがしました。もしお時間があれば、コーヒー様もちらっと窓の外をご覧になってみてくださいませませ!

投稿者 のんのん : 2010年3月30日 20:21


>のんのんさん
そうなんですよねぇ。ここ最近、突然気温が下がって桜どころか僕自身もビックリしてます。でも逆に考えれば、この寒さによって桜の開花期間がちょっと長くなってくれることで、桜の花をいつもより長めに楽しめるんじゃないかとむしろ嬉しく思っていたります。ところで月を見てみました。空気が澄んでいるからかスッキリクッキリ見えました。この時期の月もいいものですね。

投稿者 コーヒー : 2010年3月31日 01:51


コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0