街角散歩

« 肉屋の店先 | メイン | 雨中の色彩 »

2011年10月29日

路地の花びら

路地の花びら

東京メトロ東西線南砂駅から砂町銀座商店街を通って都営地下鉄新宿線の大島駅まで歩いた先週日曜日。途中で立ち寄った東砂の住宅地の一角で撮影した写真をアップ。この場所は、かつて同潤会砂町普通住宅があった場所。

同潤会と言えば関東大震災後の東京で近代的な集合住宅を作りまくった組織。有名なところでは表参道の同潤会アパートなどがあったわけですが、いずれも老朽化によって取り壊されて、今も残っているのはわずか。

今回訪れた同潤会の跡地も当然のことながらかつての建物はなく、いわゆる普通の住宅地になっていたのですが、唯一残っているのが区画。地図を見ると、この周辺だけ斜めにカーブを描くような道が組み合わされているのがわかります。これは中を歩く人が奥の奥まで見通せないようにするための仕掛けです。

そんな住宅街の一角で撮影したのが今日の写真。前日から降り続いた雨により庭先の花が散って、路地の上にたくさんの花びらが落ちていました。

アップロード日時 : 2011年10月29日 00:23    撮影場所 : [ 江東区 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 江東区東砂3丁目周辺
撮影日時 2011年10月23日 15:35
カメラ情報
カメラ Mamiya RB67 Professional SD
フィルム Kodak Professional EKTACHROME Film E100VS
フォーマットサイズ 6x8
ISO感度 100
露出時間 1/60秒
レンズ情報
レンズ Mamiya Sekor 127mm F3.8
焦点距離 127mm
絞り f/3.8

コメント

コーヒーさん おはようございます

中盤の美味しいとこを最大限に引き出してはりますね。ピンの位置、F値ともに絶妙ですね。暗さを味方に付けた撮影。 Kodakにはこの様なシチュエーションがよく似合うと思いませんか?

投稿者 nonn : 2011年10月29日 07:24


>nonnさん
コダックのフィルムで撮った写真は、どことなく冷たいイメージで仕上がることが多いように感じます。こういう薄暗い場所ではその特徴が目立ちますね。

投稿者 コーヒー : 2011年10月30日 01:02


コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0