街角散歩

« 緑色の光線 | メイン | 二股の路地 »

2011年11月15日

台地の急階段

台地の急階段

九段下から神保町を経由して御茶ノ水へと歩いた日曜日の午後。明治大学猿楽町校舎の真ん中を分断する路地の奥に、今日の写真のような長い長い階段がありました。

千代田区のド真ん中にこれほどまでの急な勾配の階段があることに驚きましたが、よくよく考えてみたらこの界隈はいわゆる「駿河台」と呼ばれるエリア。その名の通り地形的には「台地」で、他の場所よりも高い場所に位置しています。古びた石段の静かな佇まいが、古の街並みの片鱗を今に伝えているようでした。

アップロード日時 : 2011年11月15日 00:43    撮影場所 : [ 千代田区 ]

地図

撮影詳細情報

撮影情報
撮影場所 明治大学猿楽町校舎内通路の階段
撮影日時 2011年11月13日 14:24
カメラ情報
カメラ Mamiya RB67 Professional SD
フィルム FUJICHROME Velvia 100
フォーマットサイズ 6x8
ISO感度 100
露出時間 1/250秒
レンズ情報
レンズ Mamiya Sekor 127mm F3.8
焦点距離 127mm
絞り f/8.0

関連写真

屋外の立ち読み 雑多な店頭 肉屋の店先 大通りの下 路地の花びら 古井戸の記憶 ベンチの陽光 信号待ちの影

コメント

コーヒーさん おはようございます。

なるほど、 台地なんですね。それにしても急な石段ですね。
石段の堅さと手前の影が柔らかいことでこのコントラストが堪らなく素敵だと感じました。

P ☆

投稿者 nonn : 2011年11月15日 07:39


>nonnさん
古くて長い石段というのは、その姿だけで不思議と心惹かれるものがあります。気に入っていただけて嬉しいです。

投稿者 コーヒー : 2011年11月16日 00:28


コメントを投稿

オリジナルファイル

 
 この記事の写真はflickrにアップロードしています。

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0