街角散歩

2009年7月12日

造船所の夜作業

造船所の夜作業

長崎県を旅行していたときのこと。長崎市街地を一望できる稲佐山という山へ登ってきました。長崎という街は横浜や神戸ほどではありませんが、日本有数の港町だったりします。長崎湾の手前に見える三菱重工業長崎造船所のドックには巨大なガスタンカーが入っていて、夜間にも関わらず煌々と明かりを灯し、作業が続けられていました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2009年7月12日 22:20 | コメント (0)

撮影場所 [ 長崎 ]

2009年7月11日

竹筒のしずく

竹筒のしずく

梅雨も終わりに近づき、いよいよ夏本番目前。まだ完全に夏に以降してないにも関わらず気温は既に夏の様相。こうなってくると早くも涼を求めたくなってきます。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2009年7月11日 23:15 | コメント (0)

撮影場所 [ 長崎 ]

2009年7月10日

すり鉢状の芝生

すり鉢状の芝生

ずいぶん前に長崎を訪れたときのこと。長崎と言えば平和公園が有名で、県外からの訪問客や修学旅行の学生なども多く、広くよく知られた場所です。そんな公園の隣に、ちょっと広めの公園があります。「原爆落下中心地公園」と名付けられたその公園は、その名の通り、かつて爆心地だった場所。今では緩やかなすり鉢状の敷地に縁石が埋め込まれ、とてもアーティスティックな公園になっています。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2009年7月10日 03:08 | コメント (0)

撮影場所 [ 長崎 ]

2009年6月23日

洋館の調度品

洋館の調度品

古びた洋館をめぐっていたときのこと。部屋の一角にフルーツと花が飾られているのを発見。家具・調度品などと相まっていにしえの豪華な雰囲気を醸し出していました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2009年6月23日 01:20 | コメント (0)

撮影場所 [ 長崎 ]

2008年9月10日

窓枠の鍵

窓枠の鍵

たまたま見かけた窓の鍵。カチャカチャ回しながら開け閉めするタイプのこの鍵は、もはや全く見かけなくなりました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2008年9月10日 03:28 | コメント (0)

撮影場所 [ 長崎 ]

2008年1月11日

真夏日の記憶

真夏日の記憶

今日の気象情報を見るに、今週末の東京は雪が降るかもしれないぐらいの寒波がやってくるとのこと。ここ最近、急に気温が下がったような感じがしていたのですが、これで合点がいきました。こう冷え込んでくると暑い夏が恋しくなってくるもの。ということで、つい先日、写真を整理していたときに発見した「夏」の写真を今日はあえてチョイスしてみました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2008年1月11日 00:56 | コメント (3)

撮影場所 [ 長崎 ]

2007年10月 6日

洋館街の坂道

洋館街の坂道

観光地としてとても有名な長崎オランダ坂。ゆるやかにカーブする石畳の道をのんびり歩いていると、かつてこのあたりの場所で生活していた外国人の人々の生活をちょっとだけ垣間見ることができるような気がします。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年10月 6日 22:02 | コメント (0)

撮影場所 [ 長崎 ]

2007年10月 4日

天頂の眩しさ

天頂の眩しさ

もはや過ぎ去ってしまった季節について思うこと。夏の空というのは特徴的で、強烈な太陽が降り注ぐ天頂を中心に、遠く地平スレスレのあたりの特徴的な形状の雲が輪のような広がりを見せています。夏真っ盛りの時期はあふれ出る汗と強烈な眩しさのため特に感慨もなく目にする光景ですが、ひとたび過ぎ去ってしまうと太陽が肌を焼く感覚や目の奥に突き刺さるような陽光の眩しさが少し懐かしく思えてしまいます。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年10月 4日 00:59 | コメント (0)

撮影場所 [ 長崎 ]

2007年10月 3日

色ガラス越しの光

色ガラス越しの光

教会のステンドグラスはなぜか神々しく見えるもの。色ガラス越しに差し込んでくるカラフルな光の中にいると、何やら現実とは違う別な空間にいるような錯覚を起こしてしまいそうになります。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年10月 3日 23:18 | コメント (0)

撮影場所 [ 長崎 ]

2007年10月 2日

港町の眺望

港町の眺望

8月、長崎を旅していたときに宿泊した宿から見た夜景。小高い山の上にあるそのホテルは、長崎の夜景が一望できるという素晴らしい展望。右側手前の緑色っぽい蛍光灯が光る部分はJR長崎駅。そのすぐ横に広がる長崎港、そして奥に見える橋は「ながさき女神大橋」という有料道路。この日は夜空に美しい月が浮かんでいて、時折流れてくる薄い雲が月明かりにかすかなディフュージョンをかけて、幻想的な光景を演出しているように見えました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年10月 2日 23:23 | コメント (0)

撮影場所 [ 長崎 ]

2007年10月 1日

近世の遺構

近世の遺構

長崎を訪れたときに見つけたもの。平和公園の中に「旧長崎刑務所浦上支所」の建物跡が残されていました。見ると地面に壁の跡がまるで遺跡のような感じで残っていたのですが、仮にも昭和の始めのころまで現存していた建物であるにも関わらず、まるで平安時代の遺跡のような跡形もなさでした。聞くと、この場所が爆心地に最も近かった公共施設だったとのこと。その威力たるや想像するに余りある、そんな感じがしました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年10月 1日 00:51 | コメント (0)

撮影場所 [ 長崎 ]

2007年9月29日

車窓の夏雲

車窓の夏雲

今年8月。長崎から博多に向けてJR九州の特急で移動しているときのこと。夏真っ盛りのこの時期、窓の外に典型的な「夏」をイメージする光景が広がっていたため、ついつい撮ってしまったのが今日の一枚です。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年9月29日 22:21 | コメント (0)

撮影場所 [ 長崎 ]

2007年9月14日

晩夏の夕暮れ

晩夏の夕暮れ

夏の勢いにも翳りが見え始めた昨今。日没どきともなれば昼間の暑さも薄れ、むしろ涼しさすら感じられるようになってきました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年9月14日 09:31 | コメント (0)

撮影場所 [ 長崎 ]

2007年9月 8日

畳部屋の茶器

畳部屋の茶器

長崎の「出島」を訪れたときのこと。かつて出島があった場所は、今や当時の建物を復元したような建築物が並ぶちょっとしたテーマパークのようになっています。そんな建物の中で見つけた光景が今日の写真。何の変哲もない急須と湯飲みではありますが、今となってはこのような光景自体が珍しい存在になっているような気もします。ふとした場面でちょっとした懐かしさみたいなものを感じることができました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年9月 8日 19:59 | コメント (0)

撮影場所 [ 長崎 ]

2007年9月 6日

洋館の玄関外

洋館の玄関外

長崎のグラバー園。古くから長崎に立ち並ぶ洋館を移築して一ヵ所に集めたこの場所では、多種多様な洋館の姿を見ることができます。そんな建物の一部分を写したのがこの一枚。入口外にあるポーチの様子です。遠くに見えるのはいわゆる長崎っぽい風景。そんな様子をバックに、天井からつり下げられた鉢植え、木製の手すりなどの洋風な建築が、何かアンバランスな空間を作り上げていました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年9月 6日 00:10 | コメント (0)

撮影場所 [ 長崎 ]

2007年9月 1日

終点の車止め

終点の車止め

JR長崎駅で特急の出発時刻を待っていたときのこと。長崎駅はJRの終点。いわゆるターミナル駅です。全ての鉄道がこの駅で止まり、そして再び旅立っていきます。駅のすぐ目の前は長崎港。これ以上、線路の伸ばしようがない場所です。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年9月 1日 23:50 | コメント (0)

撮影場所 [ 長崎 ]

2007年8月28日

斜面の街角

斜面の街角

「長崎は坂の街」と言われています。街中いたるところ縦横無尽に坂道がのびているため、歩き回るにはけっこう苦労するとのこと。そうは言ってもお散歩カメラマンとしては実際に街を歩いてみないことには、街角の興味深い風景を見つけることはできません。ということで長崎の街中も歩き回ってみました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年8月28日 01:32 | コメント (0)

撮影場所 [ 長崎 ]

2007年8月27日

夜光の凝縮

夜光の凝縮

長崎と言うとみなさんはどんなイメージが浮かんできますか?「カステラ」「原爆」「路面電車」などなどいろいろあるかもしれませんが、実は長崎という街はものすごく風光明媚な「港町」だったりするのです。長崎駅のすぐ横には海が迫ってきていて、海沿いに街が広がり、すぐその後ろには山が控えているという、いわゆる横浜や神戸とほぼ同じような街のつくりをしているのです。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年8月27日 01:48 | コメント (0)

撮影場所 [ 長崎 ]

2007年8月26日

光と影の造形

光と影の造形

長崎を訪れたときのこと。ベタベタな観光地をまわりまくりました。この写真はそんなベタベタな観光地の中でもトップクラスに挙げられる場所、「グラバー園」で撮影したもの。これまで長崎は何度か訪れたことがあったのですが、グラバー園はあまりにもよく聞く場所だったためか、ちょっと敬遠していました。ところが実際訪れてみると、その素晴らしさにかなりビックリ。やはり有名な観光地は有名になるだけの何かがあるものだと、改めて思い知らされました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年8月26日 23:19 | コメント (0)

撮影場所 [ 長崎 ]

2007年8月24日

夕闇の赤ら雲

夕闇の赤ら雲

山際に沈む太陽。そののちしばらくしてから空に浮かぶ雲が少しずつ赤みを増しはじめました。いわゆる夕焼けの時間。地元にいるときは当然のように見ていた光景ですが、東京で生活しているとなかなか見る機会がありません。旅行で訪れた地方都市でたまたま見かけた夕焼け空。そんな光景がついつい僕の記憶の中にある昔の夕焼け空を思い出させてくれました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年8月24日 00:44 | コメント (0)

撮影場所 [ 長崎 ]

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0