街角散歩

2011年12月19日

夕空の薄雲模様

夕空の薄雲模様

水元公園で写真を撮影した日のこと。往路はJR常磐線の金町駅から歩いたのですが、同じ道を戻っても芸がないので、都県境を渡って埼玉県に入り、つくばエクスプレスの八潮駅まで歩いてみることにしました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2011年12月19日 00:01 | コメント (0)

撮影場所 [ 埼玉 ]

2009年5月18日

古めかしい表戸

古めかしい表戸

古い街を歩いていると、当然のことながら古めかしい光景を目にする確率が高くなるもの。今日の写真は埼玉県・川越市を歩いているときに見かけた、古びた商店の表戸のあたりを撮影したもの。古い郵便受け、木枠の戸など、全体的に昭和の香りが漂っているように感じられました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2009年5月18日 00:29 | コメント (0)

撮影場所 [ 埼玉 ]

2009年5月17日

ガレージの自転車

ガレージの自転車

ちょっと前に川越の古い商店街を歩いていたときのこと。お店とお店の間にあるガレージみたいな場所に子ども用の小さなマウンテンバイクが止まっているのを見かけました。折しも時は夕刻、低い位置から差し込んでくる太陽の光が自転車を照らし、その後方に長い影がのびていました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2009年5月17日 20:33 | コメント (0)

撮影場所 [ 埼玉 ]

2009年5月 8日

夕暮れ参道

夕暮れ参道

川越の喜多院というお寺を訪れたときのこと。木々に囲まれた静かな参道を歩いていると、何やら心が落ち着くような感じがしてしまうから不思議です。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2009年5月 8日 01:28 | コメント (1)

撮影場所 [ 埼玉 ]

2009年5月 7日

鯉のぼりの行列

鯉のぼりの行列

川越市を散策していたときのこと。メインの大通りから一本はずれた場所に古びた商店街があるのを発見。足を踏み入れてみました。訪れたのがゴールデンウィークの初日、というタイミングだったので、5月5日こどもの日に合わせて、商店街の上空に鯉のぼりがズラリとつるされていました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2009年5月 7日 00:10 | コメント (0)

撮影場所 [ 埼玉 ]

2009年5月 4日

晩春の風鈴

晩春の風鈴

小江戸・川越の街並みを歩いていたときのこと。店先の引き戸の上から風鈴がぶらさがっているの発見。まだまだ夏には遠いこの時期、しかしながら春の太陽が照りつけ、若干汗ばむ陽気のこの日は、風鈴の音色がとても涼しく感じられました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2009年5月 4日 22:51 | コメント (0)

撮影場所 [ 埼玉 ]

2009年5月 3日

小江戸の街並み

小江戸の街並み

ゴールデンウィーク初日の昨日、川越へ行ってきました。そもそもこのゴールデンウィーク、どこかへ出かけたいと思いつつもいき場所がイマイチ定まらず、ギリギリまで出かける場所が全く決まっていませんでした。車でどこか遠くへ・・・とも考えてみたのですが、昨今の高速道路1000円定額とかそういうので高速道路が劇混みしそうな予感があり、しかも実際劇混みしていたりもしてたので、車でのお出かけはパス。ということで都内近郊の電車で行けるところでおもしろいところはないかと考えた結果、思い浮かんだのが川越でした。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2009年5月 3日 22:51 | コメント (0)

撮影場所 [ 埼玉 ]

2006年9月30日

秋空の魅力

秋空の魅力

雲がなくスッキリと晴れ渡った日、それはそれで気持ちいい空模様を楽しめるのですが、夕方になるとやはり多少は雲があった方が、ダイナミックな光と陰の演出を楽しむことができるものです。高層の雲、低層の雲、それぞれ光の当たり方が違い、それぞれ特徴的な色に染まっていきます。そういう特徴的な空の様子を楽しむことができるのも秋ならではの光景であるような気がします。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2006年9月30日 00:26 | コメント (0)

撮影場所 [ 埼玉 ]

2006年9月29日

花弁の輪郭

花弁の輪郭

今週は彼岸花の写真をアップすることが多いですが、秋の花というのは何も彼岸花ばかりではないのです。例えばコスモス。白・赤・ピンクと淡い色合いの花が秋風に吹かれてそよそよと揺れるその姿は可憐そのもの。はかないその姿につい見とれてしまいます。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2006年9月29日 01:32 | コメント (2)

撮影場所 [ 埼玉 ]

2006年9月27日

水辺の原風景

水辺の原風景

先日、埼玉を訪れたとき、畑の用水路の周りで網を持って走り回っている子どもを見かけました。そういえば僕も子どものころ、網を持って水辺でカエルやらザリガニやらを捕まえていたような記憶があります。そこでふと考えてみると、都内で今日の写真のように網を持って水辺をウロウロしている子どもを見かけないような気がするのです。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2006年9月27日 01:14 | コメント (0)

撮影場所 [ 埼玉 ]

2006年9月26日

黄金色の西空

黄金色の西空

枕草子の冒頭、清少納言は春夏秋冬の見所について語っています。中学だったか高校だったか、古文の授業で始めてこのフレーズを見たとき、春夏秋冬が表す日本の四季の美しい風景が目の前にありありと浮かんできました。この中で秋については「秋は、夕暮れ。夕日のさして、山の端いと近うなりたるに」と触れられています。これ、まさに的を射たすばらしいフレーズだと思うのです。秋は上空の空気が澄んでいて、空がすごく高く見えます。そういった中、西の端に沈む太陽が作り出す光と雲の芸術。そんな様子を、冒頭の短い文章で全て言い表しているような気がするのです。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2006年9月26日 01:42 | コメント (2)

撮影場所 [ 埼玉 ]

2006年9月24日

深紅の絨毯

深紅の絨毯

今日はちょっと遠出して埼玉県日高市まで行ってきました。なぜこんなところを訪れたのかというと、いつも出勤で乗っている有楽町線の車内広告であるものを見たからなのです。それは一面の彼岸花畑。見た瞬間、ハッとしました。それはそれは美しい光景で、ぜひとも訪れてみたいと一目惚れしてしまいました。よくよく見ると西武鉄道の高麗という駅が最寄りであるようなことが書いています。そこで今日、彼岸花を見るために高麗まで行ってきました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2006年9月24日 01:29 | コメント (2)

撮影場所 [ 埼玉 ]

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0