街角散歩

« 2006年9月 | メイン | 2006年11月 »

2006年10月31日

華麗な転身

華麗な転身

昨日に引き続き、いつもと違うカメラで撮影した写真をアップ。これは丸の内界隈のビルの谷間で撮影した一枚です。まだ秋だというのに、どことなくクリスマスっぽい雰囲気すらただよっているような感じがします。丸の内というと、昔は無機質なビジネス街というイメージだったのですが、いつのまにやらファッショナブルな街へと変貌を遂げ、古い建物もまた独特のテイストを感じさせる存在へと衣替えしたしたかのように見えます。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2006年10月31日 00:49 | コメント (1)

撮影場所 [ 千代田区 ]

2006年10月30日

新境地の開拓

新境地の開拓

今日はちょっと冒険をしてみました。いつものように写真を撮りに出かけたことは出かけたのですが、いつもと違うカメラを使ってみたのです。基本的にカメラとは写真を「記録」するための操作をする道具であって、写真そのものの画質とはあまり関係がないと思っていました。例えばライカやニコンやキヤノンというカメラは、それぞれ操作性や所有する満足感などの違いはあれど、それは画質に結びつくものではないような気がしていたのです。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2006年10月30日 00:48 | コメント (1)

撮影場所 [ 千代田区 ]

2006年10月29日

夕暮れどきの色彩

夕暮れどきの色彩

今日は佃島へ行ってみました。これまでそれなりに気になる場所ではあったのですが、実際に訪れたのは今日が初めてでした。行ってみて驚いたのは、昔ながらの街並みが今でもしっかり残っていること。細い路地、路上の洗濯物、そして駄菓子屋。何やら懐かしい雰囲気があふれる街でした。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2006年10月29日 00:38 | コメント (1)

撮影場所 [ 中央区 ]

2006年10月28日

ビル街の斜光線

ビル街の斜光線

新宿と言えばビル街。西新宿に立ち並ぶ高層ビルはまさに東京の象徴のようなものです。人工的な空間ではあるのですが、それがまた東京らしさを際だたせているような気がします。そんなビル群も夕日が当たると、これがまたいつもと違う光景を見せてくれるものです。夕方の新宿なんてあまり落ち着いて見る機会はないかもしれませんが、もしそんなことがありましたらぜひ立ち止まってゆっくり見てみてください。もしかしたらちょっとした発見があるかもしれませんよ。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2006年10月28日 01:20 | コメント (1)

撮影場所 [ 豊島区 ]

2006年10月27日

観葉の時節

観葉の時節

ここのところ、土日に撮影したものを翌週小分けにアップしていくというスタイルが続いていたので、ここいらでちょっと気分を変えて過去に撮影したものをアップしてみます。

この写真は7月に京都を訪れたときのものです。場所は天龍寺。庭園の奥に葉がうっすら赤くなっている木がありますが、もしかしたら今の時期はこの光景が全て真っ赤に染まっているのかもしれません。そう思うとすぐにでも京都に出かけて写真を撮りまくりたいと思うのですが、残念ながらお金がなく難しそうです。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2006年10月27日 01:35 | コメント (1)

撮影場所 [ 京都 ]

2006年10月26日

宵闇の秋月

宵闇の秋月

中秋の名月のとき、運良くサンシャインの展望台に登っていて、地平線スレスレに巨大な月が昇ってくる様子を撮影することができました。ただ、そのときの写真は空もまだ明るく、月も出たばかりということで、満月が輝いている様子ではありませんでした。ということで今日はその続き。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2006年10月26日 01:40 | コメント (1)

撮影場所 [ 豊島区 ]

2006年10月25日

習慣化した動作

習慣化した動作

秋と言えば「紅葉」というのがまず最初に思い浮かぶのですが、それ以外にもいろんなシチュエーションで秋を感じる場面はあります。澄み切った空が高く深いこと、空気が少しずつ冷たくなることなどなど。生き物の姿も少なくなってくるこの時期、なぜか大増殖するトンボ。今日はそんなトンボの写真です。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2006年10月25日 02:05 | コメント (1)

撮影場所 [ 北区 ]

2006年10月24日

探し求めた風景

探し求めた風景

僕は写真雑誌のたぐいをよく読みます。この手の雑誌には「新機種のレビュー」や「紅葉写真を上手に撮るには」というような記事が多く見受けられます。ところが実を言うと僕はこういう内容に全く興味がないのです。むしろ見たいのはいろんな作例なのです。プロが撮った紅葉、アマチュアが投稿した写真の数々など、誰かが撮った写真を見るのがすごく好きなのです。他人が撮影した写真は当然のことながら僕が撮影するものとは全く違います。そういう写真を見ていると、自分と相手の写真のどこに違いがあるのかハッキリわからないまでも、どこか違うということは一瞬でわかります。そういう違いを知ることで、「では次はこういうふうに撮影してみよう」と思い、新たな切り口を試みるきっかけとなるのです。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2006年10月24日 01:00 | コメント (4)

撮影場所 [ 文京区 ]

2006年10月23日

満開のバラ園

満開のバラ園

ちょっと前に「旧古河庭園を訪れた」という内容の日記を書いたばかりなのですが、実は今日、また同じ場所を訪れてしまいました。というのも、旧古河庭園と言えばバラ。バラが咲き乱れる洋風庭園が有名なのですが、先日はまだほとんど咲いていなかったのです。ということで少し時間をおいてあらためて訪れてみることにしたのです。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2006年10月23日 02:20 | コメント (0)

撮影場所 [ 北区 ]

2006年10月22日

秋晴れの河川敷

秋晴れの河川敷

今日は仕事仲間に誘われて「いも煮」イベントに行ってきました。「いも煮」とは東北地方ではもはや当たり前とも言えるぐらいポピュラーな鍋物らしく、小中学校でも年中行事としていも煮を食べるということがあるらしいのです。九州出身の僕はその存在を全く知らなかったのですが、今日そのイベントを訪れたとき、その奥深さに驚かされてしまいました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2006年10月22日 00:40 | コメント (0)

撮影場所 [ 神奈川 ]

« 2006年9月 | メイン | 2006年11月 »

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0