街角散歩

« 2010年2月 | メイン | 2010年4月 »

2010年3月31日

外濠沿いの春

外濠沿いの春

靖国神社で桜の東京標準木を撮影したあと、そのまま歩いて外濠公園へと向かいました。外濠公園とはJR中央線・総武線の飯田橋と市ヶ谷の間の外濠沿いに伸びる細長い遊歩道のこと。この場所はちょっと高台になっていて、柵から身を乗り出して景色を見下ろしてみると、そこには春そのものとも言える風景が広がっていました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2010年3月31日 01:39 | コメント (2)

撮影場所 [ 千代田区 ]

2010年3月30日

薄暗い太陽

薄暗い太陽

先日、都内の桜名所をめぐって歩き回っていた日のこと。多摩川河川敷を歩いていると、日中は太陽が出て辺りを明るく照らしていたのに、いたのに夕方になるに連れて雲が多くなり、次第に太陽の光を遮って薄暗くなりはじめました。そんな状態の空の様子を撮影してみたのが今日の写真です。太陽を写真に写し込むと、普通だったら太陽が劇的に明るいため周囲が真っ暗になってしまうのですが、このときは手前を遮る雲がいい具合にディフュージョンの役割を果たしてくれていました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2010年3月30日 00:57 | コメント (2)

撮影場所 [ 世田谷区 ]

2010年3月29日

土手の陽光

土手の陽光

多摩川河川敷の桜の写真を撮ろうと訪れた二子玉川。多摩堤通りの横の土手に沿ってテクテク歩いていたところ、土手の一部分にだけボンヤリと太陽の光が当たっている場所を発見。春らしい草花が生い茂るこの土手、陽光の明暗差によってどこか非日常的な雰囲気が作られてるような気がしました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2010年3月29日 01:56 | コメント (2)

撮影場所 [ 世田谷区 ]

2010年3月28日

標準木の開花

標準木の開花

東京で桜の開花と言えば靖国神社です。靖国神社の境内には気象庁が桜の開花度合いを観測するための「標準木」と呼ばれる桜の木があります。ソメイヨシノという品種はそもそも江戸時代に品種改良で作られたもの。この種が接ぎ木によって世界各国に広がっていったため、今では桜の代名詞というべき存在になっています。この品種は自ら種子を作って増えることができないため、繁殖のためには必ず「接ぎ木」という行程を経なければなりません。ということで世の中に存在する全てのソメイヨシノはクローンであって、遺伝子的には完全に同一だったりします。そのため、気象条件や育成条件が同じ場所では必ず同じタイミングで花を咲かせます。ということであるため、標準的な樹木を1つだけウォッチすることで、その近辺の桜の開花状況を言い表すことができるのです。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2010年3月28日 20:24 | コメント (0)

撮影場所 [ 千代田区 ]

2010年3月27日

古都の戸口

古都の戸口

京都の祇園白川あたりを歩いていたときのこと。この日は京都の桜を撮影してまわる旅だったのですが、その合間に撮影してみたのが今日の写真。こういう光景はまさに京都っぽさ満点。夜になると提灯に明かりがともって雰囲気が出るのですが、昼間のこういう光景もまた夜とは違う味わいがあります。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2010年3月27日 23:33 | コメント (0)

撮影場所 [ 京都 ]

2010年3月26日

苔地面の落花

苔地面の落花

京都・龍安寺の敷地内を散策していたときのこと。世界遺産「古都京都の文化財」の一部として登録されているこの寺には有名な「石庭」や「つくばい」などがあるわけですが、その日気になったのはむしろその他の光景でした。ということで撮影してみたのが今日の写真。苔むした地面の上にツバキの花が落ちて枯れかけている様子です。時の頃まさに春。それなのに、なんとなく儚さのようなものが感じられる風景でした。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2010年3月26日 01:11 | コメント (4)

撮影場所 [ 京都 ]

2010年3月25日

紅白の空間

紅白の空間

京都を訪れたときのこと。桜が開花していた衝撃が大きかったため、ここ数日桜の写真ばっかりアップしています。その一方でもう一つの春の姿も目にすることができたため、今日は桜以外の写真をアップ。京都御苑の内裏のすぐ脇にある梅園を撮影してみました。深紅、ピンク、白という三種類の梅が同時に花を咲かせていて、この一角だけとても鮮やかな空間になっていました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2010年3月25日 01:30 | コメント (2)

撮影場所 [ 京都 ]

2010年3月24日

古都の彩り

古都の彩り

朝イチの上洛で13:30までしか自由な時間がなかった慌ただしい京都の旅。そんな中で撮影した写真の中の一つが今日の一枚。祇園白川の白川南通は小川沿いに伸びる石畳の道。いにしえの京都の街並みを今に残す「ザ・京都」と言っても過言ではない通りです。この通りには運河に沿って桜と柳の木が交互に植えられていて、僕が訪れたときはまさに桜の花が咲き始めている段階でした。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2010年3月24日 00:55 | コメント (6)

撮影場所 [ 京都 ]

2010年3月23日

ピンクの枝先

ピンクの枝先

今年は単純に暖冬なのか地球温暖化が進行しているのかはわかりませんが、とにかく桜の開花が早い。いつもだったら3月の末、もしくは4月の一週目ぐらいが桜の見頃だったりするのですが、京都ではもはや満開になっている桜の木もありました。ということで今日の写真はまさに見たまんま。満開の桜の木です。烏丸今出川の交差点から今出川通りを東へ少し進んだ場所から同志社大学のキャンパスの中から伸びる桜を撮影したものです。満開の桜の木とレンガの建物のコンビネーションがとてもマッチしていました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2010年3月23日 00:45 | コメント (0)

撮影場所 [ 京都 ]

2010年3月22日

早めの春色

早めの春色

毎年春分の日は用事があって京都へ出かけています。

細部の神域 - 2008年3月21日
軒先での発見 - 2007年3月22日
季節の終わり - 2006年3月22日

去年だけは別の用事と重なって京都へ行けなかったのですが、ここ数年の恒例行事となっています。そしてまた今年も京都へ行ってきました。ただ、これもまた毎年のことなのですが、せっかく京都に行くのに用事だけ済ませて帰ってくるのはもったいない。ということで毎年必ずカメラを持って写真をとってまわっています。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2010年3月22日 01:40 | コメント (2)

撮影場所 [ 京都 ]

« 2010年2月 | メイン | 2010年4月 »

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0