街角散歩

2009年3月29日

広大な湾内

広大な湾内

だいぶ前のこと。千葉県富津市の富津岬あたりで見かけた光景。どこまでも続く大海原・・・と一瞬思ってしまうんですが、真向かいは神奈川県の三浦半島。東京湾の大きさを実感できました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2009年3月29日 21:05 | コメント (0)

撮影場所 [ 千葉 ]

2008年9月 6日

深夜のトンネル

深夜のトンネル

数年前の夏。千葉県の外房、鵜原あたりでキャンプをしました。キャンプ自体はそれなりに楽しかったのですが、それよりも何よりも気になったのは道中みかけたトンネル。最寄りの駅からキャンプ場までそこそこ歩くのですが、その途中、写真にあるような謎なトンネルを通らなければならなかったのです。機械で掘った感じでもなく、壁面には手作業の後っぽいものも見られるこのトンネル、いつ誰が掘ったものなのかかなり気になりました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2008年9月 6日 23:51 | コメント (0)

撮影場所 [ 千葉 ]

2008年7月27日

夜空の大樹

夜空の大樹

今年も花火の季節がやってきました。毎年7月最終土曜日は隅田川と浦安で花火大会が行われます。隅田川の花火大会は超メジャー級。東京に住んでいる人がこの日、花火を見に出かけるということであれば、おそらく隅田川へ行くでしょう。しかしながら、浦安には浦安なりの魅力があるのです。かくいう僕は、一昨年、昨年と2年連続で浦安へ出かけ、花火の写真を撮影しました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2008年7月27日 18:37 | コメント (2)

撮影場所 [ 千葉 ]

2008年6月28日

浜辺の二人

浜辺の二人

海沿いを歩いていたときのこと、砂浜の端っこで語り合うカップルを目にしました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2008年6月28日 01:31 | コメント (1)

撮影場所 [ 千葉 ]

2008年4月26日

夕映えブレード

夕映えブレード

東京と千葉を結ぶ東京湾アクアライン。中間地点にある海ほたるでは、地下トンネル掘削で使用したシールド掘削機のブレードの一部が展示されています。あまりの巨大さに、アクアライン建設がかなり大規模な工事であったことが想像できます。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2008年4月26日 23:31 | コメント (0)

撮影場所 [ 千葉 ]

2008年3月 1日

窓外の部屋灯り

窓外の部屋灯り

寒い冬の夜中、建物の外側を歩いていたときのこと。部屋の灯りが窓枠の形に切り取られ、地面を部分的に明るく照らしていました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2008年3月 1日 23:21 | コメント (0)

撮影場所 [ 千葉 ]

2008年1月12日

雲の切れ間

雲の切れ間

九十九里に初日の出を見に行ったときのこと。ちょうど太陽の姿が見えた瞬間、雲の切れ間から太陽の光が漏れて海に光が落ちてきている様子を見ることができました。ちょうどこのタイミングで雲の切れ間の場所にいたらどんな光景を見ることができたのか、考えれば考えるほど見たくてたまらなくなります。こういうタイミングってなかなかないですよね。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2008年1月12日 19:39 | コメント (2)

撮影場所 [ 千葉 ]

2008年1月 2日

縁起物の連続

縁起物の連続

昨日、九十九里あたりに初日の出を見に行ったときのこと。無事日の出を拝むことができ、安心してカメラをしまって帰ろうとしていた、太陽と真逆の方向になにやらうっすら山のような影が目に飛び込んできました。目をこらしてよーく見てみてもイマイチはっきり見えないので、再びカメラを取り出し望遠レンズをつけてのぞいてみたら、なんとそれは富士山だったのです。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2008年1月 2日 21:51 | コメント (2)

撮影場所 [ 千葉 ]

2008年1月 1日

初日の出シューティング

初日の出シューティング

年末年始といえば、いつもは北九州市の実家に帰省しているのですが、今年は帰省せずに東京でのんびり過ごしています。せっかく東京にいるのだから、なんとなく漠然と「東京っぽいこと」をやれないだろうかと昨夜いろいろ考えてみました。いろいろ考えた結果思いついたのは「初日の出」のこと。ということで今朝、初日の出を見に行ってきました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2008年1月 1日 14:09 | コメント (2)

撮影場所 [ 千葉 ]

2007年12月27日

冬に咲く春の花

冬に咲く春の花

千葉県の花は菜の花。春に咲く花ですが、なぜかこの時期キレイに咲く菜の花を見つけてしまいました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年12月27日 23:01 | コメント (0)

撮影場所 [ 千葉 ]

2007年12月26日

広大な荒野

広大な荒野

今日も東京ドイツ村の話。ここは敷地内を車で一周グルリと回れるようになっているのですが、車道の中心部分に広大な空き地があるのです。整えられた芝生のような土地ではなく、単純に「空き地」と呼ぶのがふさわしい、ホントに何も存在しない空間で、この場所だけで東京ドーム数個分はあろうかという勢いなのです。空き地を歩く人々の姿を遠目に見てみると、まるでオアシスを求めて荒野をさまよっている人のように見えてしまいました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年12月26日 00:20 | コメント (0)

撮影場所 [ 千葉 ]

2007年12月25日

道化の知らせ

道化の知らせ

東京ドイツ村の中をグルグル歩き回りながら写真を撮っていたときのこと。何かの写真を撮ってファインダーから目を離すと、ピエロの衣装を着た老人が僕の方を見ていました。僕の視線に気づいたのか、ピエロがゆっくり近づいてきて静かに話しをはじめました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年12月25日 00:02 | コメント (2)

撮影場所 [ 千葉 ]

2007年12月24日

月夜のイルミネーション

月夜のイルミネーション

クリスマスということで、どこかクリスマスっぽい場所に出かけてみたいと思い、都内近郊いろんな場所を探してみました。と言っても都内のクリスマススポットなんてものは数限りなく、どこへ行けばいい写真が撮れそうかサッパリ検討もつきません。こんな時は逆転の発想。最もショボそうな場所にこそ隠れた魅力があるのかもしれないと勝手な解釈をしてみて、あらためてスポットを探してみました。その結果選んだのは東京ドイツ村。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年12月24日 22:27 | コメント (1)

撮影場所 [ 千葉 ]

2007年8月17日

東空の月

東空の月

昼と夜の中間点。夕闇の時間帯、東の空に姿を見せる月の様子はとても幻想的。大気による光の屈折によりオレンジ色に光輝くその姿はとても印象的で、ついつい目を離せなくなってしまうものです。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年8月17日 01:36 | コメント (0)

撮影場所 [ 千葉 ]

2007年8月 4日

鱗雲の切れ間

鱗雲の切れ間

ちょっと前に浦安の花火大会を見に行ったときのこと。昼すぎから夜までかなり長い時間、屋外で本を読みながら時間をつぶしていました。夕方ちょっと前の時間帯、それまで雲に隠れていた太陽の姿が見えはじめ、空から光の帯がオーロラのように降り注いできました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年8月 4日 02:56 | コメント (2)

撮影場所 [ 千葉 ]

2007年8月 1日

最後の大閃光

最後の大閃光

花火大会の醍醐味は、少しずつ打ち上がる花火と激しく打ち上がる花火の緩急による演出にあると僕は思っています。とは言っても、連打で打ち上がる花火は身体がしびれるほどの感動を味わえるものです。特に大会もエンディングを迎えるころ、膨大な花火が一気に打ち上がり、夜空で一気に爆発する様子は筆舌尽くし難し。身体全体が打ち震えんばかりの感動で包み込まれてしまいます。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年8月 1日 01:57 | コメント (0)

撮影場所 [ 千葉 ]

2007年7月31日

夏日の空と草

夏日の空と草

先日、浦安へ花火を見に行ったときのこと。会場の場所を間違えて去年の花火大会会場へと行ってしまいました。そのときの閑散とした感じときたら、かなり切ないものがありました。せっかく訪れたのだからと思い、去年の会場付近を撮影してみたのが今日の写真です。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年7月31日 01:44 | コメント (0)

撮影場所 [ 千葉 ]

2007年7月29日

光と音の芸術

光と音の芸術

夏といえば花火。日本人の心に「花火」というものが深く刻み込まれているのか、夏になると夜空を彩り鮮やかに染める光と音の芸術を見たくてたまらなくなります。ということで昨日、花火を見に行ってきました。訪れたのは浦安市の花火大会。正確には「浦安市納涼花火大会」といいます。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年7月29日 16:16 | コメント (0)

撮影場所 [ 千葉 ]

2007年5月 4日

海沿いの遠近感

海沿いの遠近感

海を見る場所についての一考。砂浜から見る海はすごく近い存在のような感じがしますが、かたや堤防から見る海は、仮に距離的に近くても、海がすごく遠い存在に感じられることがあります。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年5月 4日 02:28 | コメント (0)

撮影場所 [ 千葉 ]

2007年4月27日

円の縁取り

円の縁取り

海沿いを歩いていたときのこと。何に使うのかわからない、謎なコンクリート片を発見しました。そのコンクリートには、中程にまん丸な穴が開いていて、先が見通せるようになっていました。誰が何の目的でこんなものを海沿いに置いたのかはサッパリわかりません。ただ、この穴から見る海沿いの風景は、周囲になんの遮蔽物もない状態で見る風景とは全く違うもの。風景をちょっとだけマスキングしてあげただけなのに、全く違う世界の風景のように見えてしまうものです。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2007年4月27日 01:07 | コメント (0)

撮影場所 [ 千葉 ]

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0