街角散歩

2012年12月10日

梵鐘を包む秋の色彩

梵鐘を包む秋の色彩

11月末に秋の京都を旅していた時のこと。滞在中最後に訪れたスポットが今日の写真の場所「智積院」でした。敷地内いたるところにモミジが配置されていて、どこを見ても秋ならではの暖色グラデーションを目にすることができました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2012年12月10日 00:18 | コメント (0)

撮影場所 [ 京都 ]

2012年11月30日

屋根上の色づき

屋根上の色づき

南禅寺の塔頭、天授庵の庭園で見かけたワンシーン。真っ赤に染まったモミジの葉が和風なテイストの屋根の上に散らばる様子がとても印象的で、日本ならではな秋の光景を目にすることができたような気がしました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2012年11月30日 23:39 | コメント (0)

撮影場所 [ 京都 ]

2012年11月29日

イチョウの樹の下

イチョウの樹の下

秋の京都といえば一般的にモミジが有名だったりしますが、秋の色彩で忘れてはいけないのがイチョウの葉。目が覚めるような黄色い色彩に思わず心奪われてしまうことが多々あります。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2012年11月29日 23:58 | コメント (0)

撮影場所 [ 京都 ]

2012年11月28日

もみじの手水鉢

もみじの手水鉢

秋と言えば紅葉、各地の紅葉スポットを訪れると、けっこうな確率で今日の写真のようにモミジの葉が散りばめられた手水鉢の姿を目にすることがあります。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2012年11月28日 23:44 | コメント (0)

撮影場所 [ 京都 ]

2012年11月27日

窓外の紅葉

窓外の紅葉

観光スポットの多い京都の中でもトップクラスの集客力を誇るメジャー級のお寺、南禅寺。その塔頭の一つ天授庵を訪れてみました。庭園の紅葉はそれはそれは見事だったのですが、さらに印象的だったのが今日のこの写真の場所。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2012年11月27日 01:29 | コメント (2)

撮影場所 [ 京都 ]

2012年11月26日

小庭の秋

小庭の秋

京都の紅葉スポットの中で東福寺は超メジャー級の知名度を誇る場所なのですが、その知名度ゆえに観光客の大群が押し寄せて恐ろしいまでの人ごみの中、ゆっくり紅葉を見ることすらままならない状態だったりします。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2012年11月26日 00:32 | コメント (0)

撮影場所 [ 京都 ]

2012年11月25日

晩秋の紅葉渓谷

晩秋の紅葉渓谷

京都と言えば日本のみならず世界的にも有名な観光都市。中でも桜と紅葉の季節は群を抜いて観光客が多く、街中どこを見ても観光客で溢れていたりします。なので、大学在学中はこの時期なるべく観光スポット周辺を訪れないようにしていました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2012年11月25日 00:24 | コメント (2)

撮影場所 [ 京都 ]

2012年11月24日

葉先の水滴

葉先の水滴

後輩の結婚式の二次会に出席するために京都を訪問。せっかくの上洛なので早めに訪れて「秋の京都」の写真を撮りまくってみることにしました。人が少ないマイナースポットを狙う手もあったのですが、今回はあえてベタベタなスポットを訪れてみることにしました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2012年11月24日 01:33 | コメント (0)

撮影場所 [ 京都 ]

2010年3月27日

古都の戸口

古都の戸口

京都の祇園白川あたりを歩いていたときのこと。この日は京都の桜を撮影してまわる旅だったのですが、その合間に撮影してみたのが今日の写真。こういう光景はまさに京都っぽさ満点。夜になると提灯に明かりがともって雰囲気が出るのですが、昼間のこういう光景もまた夜とは違う味わいがあります。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2010年3月27日 23:33 | コメント (0)

撮影場所 [ 京都 ]

2010年3月26日

苔地面の落花

苔地面の落花

京都・龍安寺の敷地内を散策していたときのこと。世界遺産「古都京都の文化財」の一部として登録されているこの寺には有名な「石庭」や「つくばい」などがあるわけですが、その日気になったのはむしろその他の光景でした。ということで撮影してみたのが今日の写真。苔むした地面の上にツバキの花が落ちて枯れかけている様子です。時の頃まさに春。それなのに、なんとなく儚さのようなものが感じられる風景でした。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2010年3月26日 01:11 | コメント (4)

撮影場所 [ 京都 ]

2010年3月25日

紅白の空間

紅白の空間

京都を訪れたときのこと。桜が開花していた衝撃が大きかったため、ここ数日桜の写真ばっかりアップしています。その一方でもう一つの春の姿も目にすることができたため、今日は桜以外の写真をアップ。京都御苑の内裏のすぐ脇にある梅園を撮影してみました。深紅、ピンク、白という三種類の梅が同時に花を咲かせていて、この一角だけとても鮮やかな空間になっていました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2010年3月25日 01:30 | コメント (2)

撮影場所 [ 京都 ]

2010年3月24日

古都の彩り

古都の彩り

朝イチの上洛で13:30までしか自由な時間がなかった慌ただしい京都の旅。そんな中で撮影した写真の中の一つが今日の一枚。祇園白川の白川南通は小川沿いに伸びる石畳の道。いにしえの京都の街並みを今に残す「ザ・京都」と言っても過言ではない通りです。この通りには運河に沿って桜と柳の木が交互に植えられていて、僕が訪れたときはまさに桜の花が咲き始めている段階でした。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2010年3月24日 00:55 | コメント (6)

撮影場所 [ 京都 ]

2010年3月23日

ピンクの枝先

ピンクの枝先

今年は単純に暖冬なのか地球温暖化が進行しているのかはわかりませんが、とにかく桜の開花が早い。いつもだったら3月の末、もしくは4月の一週目ぐらいが桜の見頃だったりするのですが、京都ではもはや満開になっている桜の木もありました。ということで今日の写真はまさに見たまんま。満開の桜の木です。烏丸今出川の交差点から今出川通りを東へ少し進んだ場所から同志社大学のキャンパスの中から伸びる桜を撮影したものです。満開の桜の木とレンガの建物のコンビネーションがとてもマッチしていました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2010年3月23日 00:45 | コメント (0)

撮影場所 [ 京都 ]

2010年3月22日

早めの春色

早めの春色

毎年春分の日は用事があって京都へ出かけています。

細部の神域 - 2008年3月21日
軒先での発見 - 2007年3月22日
季節の終わり - 2006年3月22日

去年だけは別の用事と重なって京都へ行けなかったのですが、ここ数年の恒例行事となっています。そしてまた今年も京都へ行ってきました。ただ、これもまた毎年のことなのですが、せっかく京都に行くのに用事だけ済ませて帰ってくるのはもったいない。ということで毎年必ずカメラを持って写真をとってまわっています。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2010年3月22日 01:40 | コメント (2)

撮影場所 [ 京都 ]

2010年1月17日

青空と煙突

青空と煙突

年末に京都を訪れたときのこと。平等院鳳凰堂を見ようとJRで宇治へ移動。改札口を出て左へ向かうと平等院方面の出口があるのですが、間違えて右側へ向かってしまったのです。改札階から窓の外をのぞいた時に目に飛び込んできたのが今日の写真の光景です。駅のすぐ近くに何かの工場があったのですが、青空をバックに凛々しくそびえる煙突の姿がとても印象的で、思わずシャッターを押してしまいました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2010年1月17日 02:42 | コメント (4)

撮影場所 [ 京都 ]

2010年1月 9日

手水鉢のセンス

手水鉢のセンス

京都を訪れたときのこと。この写真は東山にある真如堂、正式名称を真正極楽寺というお寺で撮影したものです。本堂から続く長い渡り廊下を歩いていると、脇に小さな手水鉢があるのを発見。全体的にとてもセンスよく仕上げられた手水鉢の姿がとても気になって思わずシャッターを押してしまった一枚です。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2010年1月 9日 01:03 | コメント (2)

撮影場所 [ 京都 ]

2010年1月 7日

テラス席の緑茶

テラス席の緑茶

年末に京都を訪れたとき、一か所行ってみたいと思っていた場所がありました。それは「伊右衛門サロン京都」。サントリーに伊右衛門というブランドのお茶がありますが、このブランドを冠した飲食店です。もともと伊右衛門は京都福寿園とのコラボレーションで作られたお茶のブランド。であればこそ、京都に伊右衛門ブランドの飲食店があるのも納得感あります。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2010年1月 7日 00:35 | コメント (0)

撮影場所 [ 京都 ]

2010年1月 3日

ホームの日差し

ホームの日差し

京都旅行で平等院を訪れたときのこと。宇治での観光を終え京都市に戻ろうとJR奈良線の宇治駅から電車に乗ろうとプラットホームを歩いていると、ホームの奥から差し込んでくる明るい光に目を奪われました。夕暮れ時ということもあり西の空から太陽の光が差し込んでいたのですが、この様子がとても美しくて、電車に乗る直前に大急ぎでカメラを出して撮影してみたのが今日の一枚です。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2010年1月 3日 23:58 | コメント (0)

撮影場所 [ 京都 ]

2009年12月31日

床の間の着物

床の間の着物

12月28日から30日までの二泊三日、京都に宿泊して各地を観光していました。今回この旅のベースとなる宿として選んだのが田舎亭という旅館。祇園から清水寺へ向かう途中、石塀小路という風情あるエリアがあるのですが、その一角にこの宿は位置しています。古くは一見さんお断りの宿だったらしいのですが、いつからか一般客も泊まれる普通の宿になったらしく、今では普通に観光案内書などに載っていたりします。そんなバックボーンを持った宿とは果たしてどういうものなのか、かなり興味津々だったこともあり、今回は実際に泊まってみることにしたのです。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2009年12月31日 00:02 | コメント (0)

撮影場所 [ 京都 ]

2009年12月30日

池中の雄姿

池中の雄姿

京都滞在2日目の今日は初めて、宇治の平等院を訪れてみました。平等院と言えば鳳凰堂。鳳凰堂と言えば10円玉。ということで日本の誰もがその存在を知っていますが、僕自身訪れるのは今回が初めてなのです。初めて目にした鳳凰堂はまさに10円玉そのもの。その堂々とした姿に圧倒されてしまいました。

:::続きを読む:::

アップロード日時 : 2009年12月30日 00:01 | コメント (2)

撮影場所 [ 京都 ]

広告

ATOM ATOM rss1.0 rss2.0